沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス・Cカード取得スクール

沖縄ダイビングスクール ワールドダイビング 電話番号

スキルアップ 上達のコツ

インストラクターが教えるダイビング上達のコツ スキルアップ編

バディブリージング・器材交換 ダイブマスター

バディブリージング・器材交換 ダイブマスター

  PADIのプロレベルのダイブマスターコースではトレーニングでバディブリージングをしながらお互いのダイビング器材を交換するスキルがあります。   バディブリージングは1つの呼吸器(レギュレーター)でお互いが呼吸するエア切れの対処法です。詳細はバディー・ブリージングの正しい方法もご覧ください。 &n...
フィンキックのコツ・正しい泳ぎ方

フィンキックのコツ・正しい泳ぎ方

正しいフィンキックで泳ぐためには、まず中性浮力が大事です。中性浮力が上手くとれていないと深度を維持するためにフィンキックを利用するようになってしまい、エアの無駄な消費につながります。さらに身体が斜めの姿勢になり、水の抵抗が増えてしまいます。中性浮力が上手くとれていれば身体の姿勢が流線形になり、水の抵抗を減らし身体を進め...
フレアリング コントロールされたプラス浮力

フレアリング コントロールされたプラス浮力

フレアリングとは浮上スピードをコントロールするテクニックです。ダイビングの浮上速度は1分間に18メートルを超えない速度で浮上することによって肺の過膨張障害や減圧症を予防します。しかし事故者を救助するために浮力のコントロールができない場合やドライスーツの故障などにより、浮上スピードをコントロールできない場合はひとつの手段...
バディー・ブリージングの正しい方法

バディー・ブリージングの正しい方法

スキューバタンクのエアーが切れてしまった際のエア切れの対処法は複数あります。 最も安全な方法はバディに予備の空気源(オクトパス)をもらうのが安全です。しかし、バディが近くにいるのに予備の空気源がない場合はひとつのレギュレーターをバディと交互に使用するバディー・ブリージングという方法があります。   高度な技術...
ホバリングが上手になるコツ 中性浮力の練習

ホバリングが上手になるコツ 中性浮力の練習

ダイビングでとても重要な中性浮力のホバリングのやり方です。ホバリングとは中性浮力(浮きも沈みもしない状態)で手足を使わずに静止するスキルです。安全停止中やロープがない環境、水底が深い場所などでは必須になります。   経験を積んだダイバーでも、上手にできない場合があります。手順としては、少しずつ確認しながらBC...
エア切れの対処法 緊急スイミングアセント

エア切れの対処法 緊急スイミングアセント

緊急時に必ず知っておきたいエア切れの対処法、緊急スイミングアセントのやり方です。オープンウォーターのライセンス講習でも練習します。 エアが切れてしまった際、バディが近くにいれば予備の空気源(オクトパス)をもらい浮上するのが最も確実な方法です。しかし、気が付いたらバディがすぐ近くにいない、6Mから9M以内の浅い水深で行う...
エア切れの対処法 予備の空気源(オクトパス)浮上

エア切れの対処法 予備の空気源(オクトパス)浮上

ダイビング中にタンクの空気が切れてしまう、エア切れが起こってしまった際の対処の方法です。エア切れはダイビングのトラブルで最も怖いトラブルです。 エア切れの対処の仕方はいくつかありますが、バディがすぐ近くにいればバディの予備の空気源(オクトパス)をもらうことができます。まずはバディにエア切れのハンドシグナルを送りましょう...
レギュレーターが壊れた!!フリーフローの呼吸

レギュレーターが壊れた!!フリーフローの呼吸

レギュレーターのセカンドステージ(呼吸器)はメンテナンスを定期的に行っていれば壊れることはほとんどありません。もし壊れてしまった際でも空気が出なくなることはなく、フリーフローという空気が出続ける状態になるように設計されています。 もし、フリーフローが起こった際は空気が勢いよく出続けます。マウスピースを半分だけ加えて、半...
バックロールエントリーの正しいやり方 

バックロールエントリーの正しいやり方 

ボートダイビングのエントリー方法はバックロールエントリーとジャイアントストライドエントリーが主なエントリー方法です。沖縄本島ではバックロールエントリーが多くなります。バックロールエントリーは船のまわりのへりがエントリー箇所になるので広いスペースでダイバーが同じタイミングでエントリーできる長所があります。   ...
ダイビングの前にプレダイブセーフティチェック

ダイビングの前にプレダイブセーフティチェック

ダイビングの前にバディ同士で器材を確認するプレダイブセーフティチェックをやりましょう。オープンウォーターのライセンスコースでも実施します。バディ同士向かい合い、自分のバディが器材を正しく装着できているか、器材が正常に動作するか確認をします。 教科書では、レギュやオクトパスの呼吸器をブレスの頭文字B、ウエイトの頭文字W、...
Return Top