沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

沖縄ダイビングの海水魚図鑑

海水魚図鑑の主な撮影場所は沖縄本島全域、近郊離島の慶良間諸島、水納島、瀬底島、伊江島などの撮影になります。現在約200種以上掲載。

ダイビング海水魚図鑑 人気の海水魚&海の生物 BEST10

  • ミナミハコフグの幼魚

    2134 views
    1
  • カンムリベラの幼魚

    1968 views
    2
  • ハタタテダイ

    1825 views
    3
  • ジンベエザメ

    1807 views
    4
  • タイマイ ウミガメ

    1688 views
    5
  • レモンスズメダイ

    1678 views
    6
  • クマノミ

    1673 views
    7
  • リュウキュウハタンポ

    1643 views
    8
  • オニイトマキエイ

    1581 views
    9
  • バブルコーラルシュリンプ

    1575 views
    10
ロウソクギンポ

ロウソクギンポ

スズキ目 イソギンポ科 体長 4センチ   岩礁域に生息し、浅所でよくみられる。ダイビングでは、ほとんど出会うことはないが、潮溜まりやタイドプールで見られる。眼の上に長い皮弁をもつ。体色は黄褐色で、体側には大きな暗褐色斑がある。体...
オキナワベニハゼ

オキナワベニハゼ

スズキ目 ハゼ科  体長 2センチ   内湾のサンゴ礁域の礁斜面に生息する。壁面に開いた穴などに単独で居る。 体色は赤色で頭部に黄色横帯は4本ある。体側には橙色斑が密に入る。第1背鰭の第2棘が伸びるものと伸びないものがある。両方向...
メレンゲウミウシ

メレンゲウミウシ

イロウミウシ科 Ardeadoris属 体長 10センチ 体地色は白色で背面中央部は半透明の白色から黄白。 外套膜周縁部は橙色の線が入る。 触角は半透明の白色で、褶葉の前部と後部に白色の縦線が入る。 120mmの観察記録がある。 撮影地 沖...
ホタテツノハゼ

ホタテツノハゼ

スズキ目 ハゼ科 体長5センチ   サンゴ礁域の深場、水深30M~40Mに生息する。礫混じりの砂底で主にコトブキテッポウエビと共生する。ひとつの巣穴に単独もしくはペアで生息する。   前鼻管はツノ状で前方に突出する。体地...
キスジカンテンウミウシ

キスジカンテンウミウシ

ツヅレウミウシ科 ヒオドシウミウシ属 体長40mm~70mm   浅場の珊瑚礁域で通年観察される。体地色は半透明の白色で和名の寒天(カンテン)に由来する。   背面には大きめの突起が数個あり、突起間を繋ぐ稜線は橙色になる...
アラリウミウシ

アラリウミウシ

イロウミウシ科 シラユキウミウシ属 体長10mm~20mm   背面は赤紫色から紫橙色で、背面の周縁は乳白色から黄白色の太い色帯で縁どられる。 その内側には太さが不均一なシミ状の赤紫色の線がある。 両触角の間から鰓にかけての正中線...
ゼニガタフシエラガイ

ゼニガタフシエラガイ

カメノコフシエラガイ科 ゼニガタフシエラガイ属 体長 300mm 個体色は赤紫色のものから淡い栗色まで様々な色の個体が観察されている。 成長個体では背面に亀甲模様が入るが、色が赤紫色のものは白色で、栗色のものは暗褐色の模様になる。 この亀甲...
ハタタテサンカクハゼ

ハタタテサンカクハゼ

スズキ目 ハゼ科 体長8センチ   珊瑚礁域に生息する。内湾的な環境の水深5Mから30Mの砂地に多い。 ハタタテシノビハゼと同じハタタテの和名がついている。共に体色もオレンジ色の斑点で似ているが、和名の由来の第一背鰭のハタの形状が...
アカホシカニダマシ

アカホシカニダマシ

カニダマシ科 アカホシカニダマシ属 体長 1、5センチ   ハタゴイソギンチャクなど触手の短いイソギンチャク類を宿主とする。体地色は白色で、甲やはさみ脚、歩脚に赤色の点が散在している。イソギンチャクの中から中層に飛んでいるプランク...
マダライロウミウシ

マダライロウミウシ

イロウミウシ科 リスベキア属 体長10センチ 学名はヒュプセロドーリス・トライオンイ。 チーターウミウシと標記されている場合もあるが、正式な学名では無く、異名である。 2個体連なって行動しているところが、良く観察される、稀に3個体連なってい...
ゴニオブランクス・プレキオースス

ゴニオブランクス・プレキオースス

イロウミウシ科 ゴニオブランクス属 体長 2センチ 背面は白色のものと、白色の一部が半透明で褐色の細点が入るものの2タイプが観察されている。 外套膜最は水色、暗赤色、黄色の順で細いラインが入る。 和名はフチドリウサギウミウシと言う名があるが...
アサドスズメダイ

アサドスズメダイ

スズキ目 スズメダイ科 体長 約6センチ 珊瑚礁の浅場の水深1M~14Mに生息し、単独もしくは数匹の群れで泳ぐ。 雑食性で、主に動物プランクトンを捕食する。 撮影地 沖縄 恩納村 真栄田岬
ホシゾラウミウシ

ホシゾラウミウシ

イロウミウシ科 アオウミウシ属 体長10mm~50mm 体地色は青白色から暗紫色で個体によって変異がある。 背面、腹側の体表には白色から黄色の斑紋や暗青色、黒色の斑点が散在している。 幼体では、暗色の斑点を欠き、黄色の斑紋が比較的大きい。 ...
オトヒメウミウシ

オトヒメウミウシ

イロウミウシ科 コモンウミウシ属 オトヒメウミウシ 西太平洋熱帯域に分布し、浅い岩礁域でよく観察される。 体長は最大で75mmにも達する。 黄色い背面に紫色の斑紋が散在し、斑紋を白色または淡黄色の輪が囲む。周縁は紫色で触角と鰓は黄色。 静止...