沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

沖縄ダイビングの海水魚図鑑

海水魚図鑑の主な撮影場所は沖縄本島全域、近郊離島の慶良間諸島、水納島、瀬底島、伊江島などの撮影になります。現在約200種以上掲載。

ダイビング海水魚図鑑 人気の海水魚&海の生物 BEST10

  • ミナミハコフグの幼魚

    2281 views
    1
  • カンムリベラの幼魚

    2095 views
    2
  • ハタタテダイ

    1955 views
    3
  • ジンベエザメ

    1917 views
    4
  • タイマイ ウミガメ

    1795 views
    5
  • レモンスズメダイ

    1790 views
    6
  • リュウキュウハタンポ

    1772 views
    7
  • クマノミ

    1754 views
    8
  • バブルコーラルシュリンプ

    1675 views
    9
  • イシヨウジ

    1671 views
    10
モンジャウミウシ

モンジャウミウシ

イロウミウシ科  イロウミウシ属 体地色は茶褐色で、その上に淡黄色や白色の細点が無数に入る。 外套膜最外周から青緑色、黒緑色、黄色の順で縁取られる。 外套膜縁は波打ち、体の中央部分が湾入する。 触角と二次鰓は褐色で白色の細点が入る。先端は青...
サビウツボ

サビウツボ

ウナギ目 ウツボ科 全長 50~60cm 程度 サンゴ礁域の浅所に生息。 体つきは他のウツボに似ていて、背びれの基底が長く、尻びれと尾びれが一緒になっている。 体も側扁していて長く、体色は、名前のようにサビを帯びたような色をしているが、灰色...
オイランヨウジ

オイランヨウジ

ヨウジウオ科 ヒバシヨウジ属 体長 18センチ 岩礁の及び珊瑚の隙間の奥に生息し、雄雌のペアでいる事が多いオイランヨウジ 吻から尾鰭まではっきりとした赤茶色の横帯がある 派手で目立ち、扇子の様な尾鰭をヒラヒラさせる。 花魁柄の所から、オイラ...
ミナミクモガニ

ミナミクモガニ

クモガニ上科 クモガニ科 体長1センチ~3センチ 固着性の刺胞動物(ミズタマサンゴやナガレハナサンゴ)の上に生息。 オランウータンクラブの愛称でダイバーに人気の小さなカニ。 オランウータンの様に手足が長く、毛もフサフサで見た目は小さなオラン...
ハチマキダテハゼ

ハチマキダテハゼ

スズキ目 ハゼ科 体長 9センチ   サンゴ礁域に生息する。礁斜面などの水深10Mから35Mの砂地に見られる。テッポウエビと棲む、共生ハゼの仲間。眼の後方に黒い斜行線が入っているのが特徴で近似種のダテハゼと区別できる。  ...
ニシキフウライウオ

ニシキフウライウオ

トゲウオ目 カミソリウオ科 体長 11センチ   岩礁・サンゴ礁域に生息する。単独もしくはペアで泳ぐ。体全体に小棘があり、鰭や体に縞模様があるのが特徴。ウミシダ類やトサカ類付近に棲む。体色は赤色、黄色、茶色、黒色など変化に富み、周...
ロウソクギンポ

ロウソクギンポ

スズキ目 イソギンポ科 体長 4センチ   岩礁域に生息し、浅所でよくみられる。ダイビングでは、ほとんど出会うことはないが、潮溜まりやタイドプールで見られる。眼の上に長い皮弁をもつ。体色は黄褐色で、体側には大きな暗褐色斑がある。体...
オキナワベニハゼ

オキナワベニハゼ

スズキ目 ハゼ科  体長 2センチ   内湾のサンゴ礁域の礁斜面に生息する。壁面に開いた穴などに単独で居る。 体色は赤色で頭部に黄色横帯は4本ある。体側には橙色斑が密に入る。第1背鰭の第2棘が伸びるものと伸びないものがある。両方向...
メレンゲウミウシ

メレンゲウミウシ

イロウミウシ科 Ardeadoris属 体長 10センチ 体地色は白色で背面中央部は半透明の白色から黄白。 外套膜周縁部は橙色の線が入る。 触角は半透明の白色で、褶葉の前部と後部に白色の縦線が入る。 120mmの観察記録がある。 撮影地 沖...
ホタテツノハゼ

ホタテツノハゼ

スズキ目 ハゼ科 体長5センチ   サンゴ礁域の深場、水深30M~40Mに生息する。礫混じりの砂底で主にコトブキテッポウエビと共生する。ひとつの巣穴に単独もしくはペアで生息する。   前鼻管はツノ状で前方に突出する。体地...
キスジカンテンウミウシ

キスジカンテンウミウシ

ツヅレウミウシ科 ヒオドシウミウシ属 体長40mm~70mm   浅場の珊瑚礁域で通年観察される。体地色は半透明の白色で和名の寒天(カンテン)に由来する。   背面には大きめの突起が数個あり、突起間を繋ぐ稜線は橙色になる...
アラリウミウシ

アラリウミウシ

イロウミウシ科 シラユキウミウシ属 体長10mm~20mm   背面は赤紫色から紫橙色で、背面の周縁は乳白色から黄白色の太い色帯で縁どられる。 その内側には太さが不均一なシミ状の赤紫色の線がある。 両触角の間から鰓にかけての正中線...
ゼニガタフシエラガイ

ゼニガタフシエラガイ

カメノコフシエラガイ科 ゼニガタフシエラガイ属 体長 300mm 個体色は赤紫色のものから淡い栗色まで様々な色の個体が観察されている。 成長個体では背面に亀甲模様が入るが、色が赤紫色のものは白色で、栗色のものは暗褐色の模様になる。 この亀甲...
ハタタテサンカクハゼ

ハタタテサンカクハゼ

スズキ目 ハゼ科 体長8センチ   珊瑚礁域に生息する。内湾的な環境の水深5Mから30Mの砂地に多い。 ハタタテシノビハゼと同じハタタテの和名がついている。共に体色もオレンジ色の斑点で似ているが、和名の由来の第一背鰭のハタの形状が...