沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス・Cカード取得スクール

沖縄ダイビングスクール ワールドダイビング 電話番号

ハタ科

沖縄ダイビングの海水魚図鑑 (撮影地 沖縄本島&近郊の離島) ハタ科

コクハンアラ

コクハンアラ

スズキ目 ハタ科 体長40~100センチ 主にサンゴ礁域の外縁、岩礁域に生息する。 体の斑点は瞳孔より小さい。 成長すると尾鰭、胸鰭後部が黒くなる。神経質で近寄るのが難しい。 幼魚は鞍状斑をもち、尾鰭が黄色い。黄色みは、体長30センチ程になるまで残っている。 撮影地 恩納村 真栄田岬
アカハタ

アカハタ

スズキ目 ハタ科 体長30センチ 熱帯のサンゴ礁域から温帯の岩礁域に生息する。 小魚な甲殻類などを主に捕食する。 体色は赤みを帯び、体側には5本ほどの濃赤色帯があるがこれらには若干変異がある。 体側に白い不定期の斑文が散らばる。 撮影地 恩納村 真栄田岬
ハナゴンべ

ハナゴンべ

スズキ目ハタ科 体長7センチ   サンゴ礁周縁部に生息していて、崖穴や岩棚の下の暗い所を好む。 体地色はピンク色で、頭部や鱗縁に黄色の線が入っていて顔の模様も独特。 壁に腹側を向けて泳ぐ習性があるのが特徴的である。   撮影地 恩納村 オーバーヘッドロック    
スミレナガハナダイ

スミレナガハナダイ

スズキ目 ハタ科 体長 20センチ 岩礁域の水深20M以上のやや深いドロップに生息する種でこの写真を撮影したのも水深28Mほど。 雄は濃いピンク色で体側に特徴的な紫色の四角形の斑紋がある。 ダイバーからはこの形からサロンパスという愛称で呼ばれている。 雌はオレンジ色で眼から体側腹面及ぶ2本の縦帯がある。 雌性先熟型雌雄...
キンギョハナダイ

キンギョハナダイ

スズキ目 ハタ科 体長 12センチ 岩礁域、珊瑚礁域の沿岸に生息する。 雄雌で群れを作り雌のほうがはるかに多い。雌は2割から3割程度。 写真のキンギョハナダイは雄になる。 雌性先熟雌雄同体で、生まれたときは全て雌であるが、成長すると雄に性転換する。 撮影地 恩納村 ホーシュー
Return Top