沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス・Cカード取得スクール

沖縄ダイビングスクール ワールドダイビング 電話番号

チョウチョウウオ科

沖縄ダイビングの海水魚図鑑 (撮影地 沖縄本島&近郊の離島) チョウチョウウオ科

カガミチョウチョウウオ

カガミチョウチョウウオ

スズキ目 チョウチョウウオ科 体長 15センチ   岩礁域、サンゴ礁域に生息する。小型海藻、ポリプ、甲殻類を食べる。単独もしくはペアで泳ぐ。通年観察できる。 頭部の暗色帯は眼に達するが、成魚では眼より下方にはない。体側には網目模様があり、頭部後方、体側中央、背鰭軟条から臀鰭軟条後縁に達する3本の黒色帯がある。...
フウライチョウチョウウオ

フウライチョウチョウウオ

スズキ目 チョウチョウウオ科 体長:13センチ   サンゴ礁域や岩礁域などでよく見られる。 体側前方に斜めに走る何本かの帯と、斜め下に向かう帯が交差しているのが特徴的。 似ている種でニセフウライチョウチョウウオがいる。   撮影地 沖縄本島 真栄田岬
ムレハタタテダイ

ムレハタタテダイ

スズキ目 チョウチョウウオ科 体長 25センチ   比較的浅い岩礁やサンゴ礁に生息している。体は強く側扁し、体高は高くて丸い。頭部の背縁は眼前部でくぼみ、吻は短くて口は小さい。体色は白色で、体側には黒色の横帯があり、一本は眼に届き、他のものは背びれの前部から腹びれまで、あとの一本は背びれの棘条部の後半からしり...
オニハタタテダイ

オニハタタテダイ

スズキ目 チョウチョウウオ科 体長 30センチ 英名はUnicorn pennant coralfish(Unicorn = 一角獣 pennant = 長旗)と呼ばれる。 成長すると眼の上に突起が出てくるのが、英名のユニコーン(一角獣)の由縁となっている。 ハタタテダイの仲間では、最も大きくなる。 背びれの軟条部や尾...
ハタタテダイ

ハタタテダイ

スズキ目 チョウチョウウオ科 体長 25センチ 熱帯のサンゴ礁などに生息。 和名のハタタテダイ(旗立鯛)の由来は長く伸びた背鰭が白い旗を立てているように見えることからついた。 白地の体に2本の太い黒色帯が走り、背鰭の後半部・胸鰭・尾鰭は黄色。 良く似た種のムレハタタテダイとの見分け方は、ハタタテダイはペア又は数匹規模で...
フエヤッコダイ

フエヤッコダイ

スズキ目 チョウチョウウオ科 体長 20センチ フエヤッコダイは珊瑚礁域や岩礁域に生息する。 吻が細長く筒状なのが特徴的でオオフエヤッコダイと似ているが、胸部に多数の小さい斑点がないことで区別ができる。 長い吻を上手く利用して珊瑚のすきまなどに棲むゴカイ類や甲殻類などを捕食する。 撮影地 沖縄 恩納村 真栄田岬
トゲチョウチョウウオ

トゲチョウチョウウオ

スズキ目 チョウチョウウオ科 体長:20センチ サンゴ礁を中心に、その周辺の転石帯や砂底、ガレ場、岩礁域、漁港などで見られる。 チョウチョウウオ科のなかでは大型になる。 和名の由来でもある成魚の背びれの後方が糸状に長く伸びているのが特徴。 背びれ後方には黒点もある。 似ている種でフウライチョウチョウウオがいる。 撮影地...
ミスジチョウチョウウオ

ミスジチョウチョウウオ

スズキ目 チョウチョウウオ科 体長:15センチ 成魚はサンゴ礁域に多く生息する。沖縄では普通に見かけることのあるチョウチョウウオ。 体は長い楕円形で、吻の先端は丸い。体側には紫色の細い縦線が多数ある。尾鰭中央部には暗色帯があり、それは黄色く縁取られる。 和名のミスジは「三本の筋」の事であるとされて、眼を通る1本と、尾鰭...
Return Top