沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス・Cカード取得スクール

沖縄ダイビングスクール ワールドダイビング 電話番号

イソギンポ科

沖縄ダイビングの海水魚図鑑 (撮影地 沖縄本島&近郊の離島) イソギンポ科

フタイロカエルウオ

フタイロカエルウオ

スズキ目 イソギンポ科 体長 8センチ   浅い岩礁域やサンゴ礁域などに生息する。基本的に体色は前半が暗色で後方は橙色、地域によって変異もある。前鼻孔の前縁と後縁に皮弁がある。ニラミギンポは本種によく似ているが、本種は背鰭に欠刻があるのに対し、ニラミギンポにはそれがない。大きい個体は全長10cmを超える。 &...
エリグロギンポ

エリグロギンポ

スズキ目 イソギンポ科 体長 8センチ   サンゴ礁域に生息し水深15m以浅に多い。 和名にもあるように背鰭の基部に暗色の皮弁、腹鰭の直前の鰓膜に大きな黒色斑がある。体色は灰色っぽく、体側には黒色の小斑がならぶ。 小さな穴や岩の裂け目で産卵して卵を守る。   撮影地 恩納村 真栄田岬  
ヒトスジギンポ

ヒトスジギンポ

スズキ目 イソギンポ科 体長 8センチ   サンゴ礁域に生息する。サンゴや岩の上に居る事が多い。体側腹部側は白色で、背面側が褐色になる。和名の由来のヒトスジは体側中央部には眼を通る1黒色横帯から。通年観察できる。   撮影地 恩納村 真栄田岬  
ホホグロギンポ

ホホグロギンポ

スズキ目 イソギンポ科 体長 10センチ 珊瑚礁域に生息する。 潮溜まりなど水深1メートル付近に多く見られる。 雄には尾部に茶色い縦線があり、白点が散在する。 雌には頭部の冠状皮弁と茶色い縦線がないことで区別できる。 撮影地 恩納村 タイドプール
カモハラギンポ

カモハラギンポ

スズキ目 イソギンポ科 体長 7センチ 岩礁域や珊瑚礁域の礁池内などの比較的に浅い水深に生息している。 黒い体に白の縦の太いラインが特徴。 ヒゲニジギンポに似るが本種の腹部は黒い。 テンクロスジギンポなどと同じようにふだんは遊泳しているが、危険を感じると珊瑚や岩肌に空いた穴などに素早く逃げ込む。 撮影地 恩納村 タイド...
テンクロスジギンポ

テンクロスジギンポ

スズキ目 イソギンポ科 体長 10センチ 岩礁域や珊瑚礁域の比較的に浅い水深に生息している。 ふだんは遊泳しているが、危険を感じると珊瑚や岩肌に空いた穴などに素早く逃げ込む。 ケヤリムシの仲間が死んだあとに残る穴を巣穴としたり、貝殻や、金属、プラスチック、パイプや管などさまざまなものを巣穴にする。 体型は細長く円筒形を...
ヤエヤマギンポ

ヤエヤマギンポ

スズキ目 イソギンポ科 体長 10センチ 沿岸の珊瑚礁やタイドプールに生息する魚。 ヤエヤマギンポは以前にサイパンのタイドプールで撮影したことがあり、今回は恩納村で久しぶりにタイドプールで撮った写真。 縄張意識が強く、他の魚と良く縄張り争いをしている。 草食性の強い雑食性で水槽内のコケなどを食べてくれるため、観賞用とし...
イシガキカエルウオ

イシガキカエルウオ

婚姻色 通常   スズキ目 イソギンポ科 体長 5センチ 珊瑚礁域に生息する。礁池や礁所で見られる普通種。 体色は乳白色で、頭部から体側前半に小黒色斑がある。保護色のようであるが、動き回るので意外と発見しやすい。 背鰭に大きな欠刻がある。体側後半には体色よりも淡い白色斑があったりする。 他のギンポのように穴に...
Return Top