沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス・Cカード取得スクール

沖縄ダイビングスクール ワールドダイビング 電話番号

ハゼ科

沖縄ダイビングの海水魚図鑑 (撮影地 沖縄本島&近郊の離島) ハゼ科

ヤマブキハゼ

ヤマブキハゼ

スズキ目 ハゼ科 体長10センチ 水深10~40m程度のサンゴ礁域の外縁などで見られ、底性で砂底に生息している。 テッポウエビなどが掘った穴に棲んでいて、これと共生している。 体が側偏し、体色は淡い褐色や肌色のような色をしている。 名前のように体側や背びれなどには山吹色の斑があり、腹びれの前と腹部には大きな黒色の斑も見...
オドリハゼ

オドリハゼ

スズキ目ハゼ科 体長5センチ   サンゴ礁域に生息している。 礁池内など水深1~50mにあるサンゴ脇の砂底に見られ、テッポウエビの仲間と共生している。 体色は黒っぽく、頭部・体前部の背面は白色で、胸鰭と尾鰭は透明で黒色斑がある。 巣穴の上で踊るようにホバリングをしている。 英名はホワイトキャップゴビー。 &n...
カタボシオオモンハゼ

カタボシオオモンハゼ

スズキ目ハゼ科 体長:5センチ サンゴ礁落域やその周辺の砂礫底域に生息するハゼの仲間。 口から砂を取り込み、砂中のエサだけ食べ、エラから砂だけ捨てる。 胸鰭基底上方に黒く縁取られた、黄色斑があること。体側に5本~6本の赤褐色縦線があることで区別が出来る。 撮影地 恩納村 山田ポイント
カサイダルマハゼ

カサイダルマハゼ

スズキ目ハゼ科 体長2センチ   サンゴ礁域に生息している。 頭部には細かいひげ状の突起があり、背鰭・臀鰭・尾鰭が黒色である。 似ている種でパンダダルマハゼはいるが、胸鰭がカサイダルマハゼは透明に対して、パンダダルマハゼは黒いので区別することが出来る。   撮影地 恩納村 山田ポイント
ハタタテハゼ

ハタタテハゼ

スズキ目 ハゼ科 体長 7センチ   浅海のサンゴ礁域の外縁や斜面、礁湖、ドロップオフなどの、サンゴと砂の混じった砂礫底にホバーリングする。第1背鰭前方が著しく長く、尾鰭は丸く湾入していない。体型はやや側扁し頭部は円筒形である。体色は頭部前方が淡黄色でやがて乳白色になり、尾鰭にかけて赤褐色のグラデーションとな...
ヤシャハゼ

ヤシャハゼ

スズキ目 ハゼ科 体長 5センチ 第1背鰭の前方は長く伸びていて、その中央には暗色斑がある。 体側には横帯はなく、柿色斑と同色縦線があることで同属他種と区別できる。 共生ハゼとしてよく知られ、サンゴ礁域や岩礁域の砂、砂礫底でテッポウエビと共生する。 深場に生息し、かなり警戒心が強く、近づくとすぐに巣穴に隠れる。 撮影地...
ヒレナガネジリンボウ

ヒレナガネジリンボウ

スズキ目 ハゼ科 体長 4.5センチ 体には4本の黒色斜走帯があり、第1背鰭の前方は長く伸びる。 眼の前方は黄色で、黒色斜帯がない。 共生ハゼとしてよく知られ、サンゴ礁域や岩礁域の砂、砂礫底でテッポウエビと共生する。 深場に生息し、警戒心が強く、近づくとすぐに巣穴に隠れる。 撮影地 恩納村 真栄田岬
チゴベニハゼ

チゴベニハゼ

スズキ目 ハゼ科 体長 2センチ 珊瑚礁域に生息する。岩の壁面や亀裂内など薄暗いところでみられる。 体色は鮮やかな赤色で、頭部は青灰色を帯びる。体側には白色の斑紋が縦列する。 第一背鰭の第二棘が糸状に伸びる事でベニハゼと区別できる。 撮影地 恩納村 タイドプール
ガラスハゼ

ガラスハゼ

スズキ目 ハゼ科 体長 3センチ 岩礁域や珊瑚礁域に生息する。 水深5M~35Mほどに生育するムチカラマツ類にペアで着生する。 和名の由来通り、ガラスのような透明の体に黄褐色の横帯がある。 近種ではホソガラスハゼ、オオガラスハゼなどがいる。 撮影地 沖縄本島 石切
ヒメダテハゼ

ヒメダテハゼ

スズキ目 ハゼ科 体長 7センチ 珊瑚礁域に生息する。水深3M~35Mほどの砂地でみられる。 テッポウエビと共生する共生ハゼの仲間。 背鰭にこまかい黄色い斑点が多数ある。 又、眼下に垂線がないことなどで近似のダテハゼ、ミナミダテハゼと区別ができる。 撮影地 沖縄本島 崎本部
Return Top