沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

正しいダイビング器材の揃え方と順序

ダイビングライセンスを取得したらマイ器材がほしくなるのがダイバーです。ダイビングショップのなかにはダイビングライセンスを取得したら高価なダイビング器材をすぐに揃えるようにしつこく営業するショップもあります。しかし、ほとんどのダイビングショップにはレンタル用のダイビング器材があります。自分の予算やダイビング頻度、旅行スタイルなどを考えて少しずつ揃えていきましょう。
 
ダイビング器材を揃える順序のおすすめは、ダイビングマスクからです。ダイビングマスクは直接、自分の顔に接するため、毎回のようにレンタル器材で変わるとストレスや不快感を感じます。又、自分の顔の形に合っていないものをつけているとマスクの中に水が入りやすくなります。予算に余裕があれば同じメーカーのものでスノーケルもセットで購入しましょう。おすすめの予算相場はマスクとスノーケルのセットで1万円~2万円ほどです。

 

次に揃えるものはダイブコンピューターです。ダイブコンピューターはダイビングショップのフルレンタルには含まれないことが多く、別途料金がかかる可能性があります。又、レンタル用がないこともあります。ダイブコンピューターは水深やダイビングタイムの他にも減圧不要限界(ノンストップリミット)を教えてくれる重要なものです。高価なものも多いですが、安全面も考えるのであれば早めに揃えましょう。おすすめの予算相場は3万5千円~7万円ほどです。
 
ダイバーのなかにはダイビングマスクとダイブコンピューターのみを持ち込み、他の器材はレンタルする方も多いです。旅行の荷物にもならないので最初はおすすめのスタイルだと思います。最近、ダイブコンピューターを揃えないで水中カメラを先に揃えるダイバーも増えています。ダイビングは危険性が伴うスポーツです。水中カメラを揃える予算があるのであれば先にダイブコンピューターを揃えることをインストラクターとして強くおすすめします。
 
ダイビングマスク、ダイブコンピューターの次はフィンもしくはウエットスーツです。これは好みでどちらからでも良いと思います。南の島への旅行中に自分達だけでスノーケルを楽しみたいのであればマスク、スノーケル、フィンを揃えておけば遊ぶことができます。マスク、スノーケル、フィンは3点セットもしくは軽器材と呼ばれます。フィンのおすすめの予算相場は1万円~2万円ほどです。
 
レンタル用のウエットスーツで締め付けられるような不快感を感じたり、寒さを感じるのであればウエットスーツから揃えるのもおすすめです。既製品のサイズで予算相場は3万円~5万円ほど、オーダーメイドの予算相場は10万円~20万円ほどかと思います。

最後に揃えるのはBCDとレギュレーターの重器材と呼ばれるセットです。高価な物なのでダイビングが一生の趣味だと考えれるようになってから揃えましょう。定期的にオーバーホールというメンテナンスが必要になるため、BCDとレギュレーターはセットで同じタイミングで同じメーカーで揃えるのがおすすめです。中古品もありますが、整備不良は自分の命にかかわります。新品で購入するのがおすすめです。BCDのおすすめの予算相場は4万円~7万円、レギュレーターのおすすめの予算相場は5万円~10万円ほどかと思います。BCDとレギュレーターまで揃えるとダイビング用のカバン、もしくはメッシュバックも必要になります。
 
ダイビングで揃えるダイビング器材は主に上記のダイビングマスク、シュノーケル、ダイブコンピューター、フィン、ウエットスーツ、BCD、レギュレーター、カバン(メッシュバック)になります。その他に揃えたほうが良いおすすめは漂流した際に助けを呼ぶシグナルフロート、水中でトラブルを知らせることができるダイビングベルやダイビングホーンです。安全面を考えると、この2つは早めに揃えたほうがおすすめです。
 
ダイビングの際のグローブや指示棒は環境保護のためにもあまりおすすめはできません。手にはカメラを持ってマスクにはGoProをつけて、BCDには指示棒、スレート(水中ノート)、ナイフ、水中ライトをぶらさげて自己満足するようなダイバーにはならないように気を付けましょう。
 

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。沖縄でPADIインストラクターを取得。その後、サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会い、水中写真を始める。2011年に沖縄PADIダイビングスクール ワールドダイビングを設立。