沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

知らないと怖い減圧症(潜水病)の知識と予防方法

減圧症(潜水病)の手当で使用する緊急用酸素キット(純酸素)

減圧症(潜水病)の手当で使用する緊急用酸素キット
 
リクリエーションのダイビングで通常、使用されているスキューバタンクの中の空気は79%の窒素と21%の酸素で構成されています。ほとんど8割は窒素になります。ダイビングをしていると血液のなかや細胞のなかにどんどん窒素が溜まっていきます。そのときのダイビング環境、個人差、コンディションなども関係してきますが、ある一定以上の量の窒素が溜まったままの状態で陸上にあがってしまうと、その溜まっていた窒素が血液のなかや細胞のなかで気泡を形成します。
 
これは炭酸飲料のフタを開けて、かかっていた圧力を解放すると、気泡が出てきて飲み物が泡立つ現象と似ています。体内に形成される気泡は減圧症や潜水病、またはベンズと呼ばれる非常に重大な医学的問題を引き起こします。
 
減圧症(潜水病)の初期の症状はマヒ、ショック、脱力感、めまい、しびれ、軽いヒリヒリ感、呼吸困難、関節や手足の痛みがあります。減圧症(潜水病)は重症の場合は意識不明、死に至ります。直接的な原因は潜っている深度と時間が関係してきますが、2次的な要因として疲労、脱水状態、ハードな運動、寒さ、年齢、体調不良、ケガ、ダイビング前後の飲酒、肥満などがあります。又、ダイビングの後に飛行機に乗ってしまったり、山道や登山をしてしまったりすると減圧症になる危険性を高めてしまいます。
 
減圧症(潜水病)の徴候と症状は明らかにわかる場合もあれば、軽度の場合はすぐには自覚症状が出ない場合もあります。通常はダイビング後15分から12時間ほどで症状が出る場合が多いですが12時間以上経過してから症状が出る場合もあります。徴候や症状の程度にかかわらずに医療機関の診断は受けるようにしてください。
 
減圧症(潜水病)の応急手当の仕方は、すぐに医療機関へ連絡して、ダイバーを横にします。準備があれば、緊急用酸素キットを用いて100%の純酸素を与えます。
 
参考URL 緊急用酸素キット(純酸素) アクアラング・オキシジェン6型
 
減圧症(潜水病)の治療 再圧チャンバー

減圧症(潜水病)の治療では医療機関の再圧チャンバーに入ります。減圧症(潜水病)の治療方法は一昔前まで治療の仕方がないとても怖い症状でしたが、いまはこの再圧チャンバーのなかに入り海の中と同じ環境をつくり、溜まっている窒素を排出することができます。
 
減圧症(潜水病)の治療で利用する再圧チャンバーは大きな総合病院などにありますが、沖縄本島でも沖縄セントラル病院と琉球大学付属病院の2箇所のみになります。ダイビングの盛んな地域でも、南の小さな島や発展途上の国では再圧チャンバーがない地域もたくさんあります。
 
 
もし仮に、再圧チャンバーが近くにない場合はダイビング後は飛行機に乗ることもできないのでドクターヘリなどで運搬される大惨事になるので特に注意が必要です。
 
そこで、とても大事なのが減圧症(潜水病)の予防の仕方です。水中に深く潜らない、長い時間とどまらないなどは当然のことですが、減圧症(潜水病)を引き起こす方のほとんどは浮上スピードによるものです。浮上するとき、ダイビングのルールでは1分間に18Mを越えないようにとありますが、わかりにくいので実際には自分の排出している泡を越えないように、インストラクターの浮上スピードを越えないように、気を付けましょう。また、ダイビングの終了時には水深5Mで3分間留まり、体に溜まっている窒素を排出してから浮上するようにしてください。
 
減圧症(潜水病)の予防方法 ダイブコンピューターの正しい使い方

そして、ダイブコンピューターを使用して、説明書をしっかりと読み、正しい使い方を確認してください。ダイブコンピューターは減圧症(潜水病)にならないために、ダイビング中にリアルタイムで深度、ダイブタイム、※減圧不要限界(NDL)、浮上スピード、安全停止のカウントなどが表示されます。※減圧不要限界(NDL)とは、その水深に潜水が可能な限界時間。ダイビングのときの必須アイテムになるのでダイビング器材を揃えるときはダイブコンピューターから揃えるのがおすすめです。
 
参考URL ダイブコンピューターの正しい使い方
 
 
又、減圧症(潜水病)のリスクを軽減するために、海外を中心にエンリッチドエアと呼ばれるタンクが注目されています。通常の空気の成分は79パーセントが窒素、21パーセントが酸素で構成されていますが、エンリッチド・エアは酸素を加えて21パーセントより多い、窒素・酸素の混合ガスのことを指します。
 
エンリッチドエアは酸素を加えることにより窒素を減らして減圧症のリスクを軽減します。減圧の許容範囲を広げることが可能になり、通常のダイビングに比べて時間的に余裕を持つことができます。

参考URL エンリッチドエア・ナイトロックスの正しい知識
 
ダイビングでは減圧症(潜水病)はとても身近な病気になります。ダイバーの方は正しく理解をして安全にダイビングを楽しみましょう。
 
 

(Last Update:2017年11月2日)

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。沖縄でPADIインストラクターを取得。その後、サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会い、水中写真を始める。2011年に沖縄PADIダイビングスクール ワールドダイビングを設立。