沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

器材セッティングの正しい手順

器材セッティングの正しい手順

撮影協力:SHOKO

オープンウォーターの講習では器材セッティングは必須で学習します。しかし、その後のファンダイビングでは器材セッティングができないダイバーが多いのが現状です。以下の内容では、ライセンス取得後に忘れやすいBCDとレギュレーターの器材セッティングの正しい手順を説明します。器材のセッテイングは正しくやらないと自分の命にかかわる大事な準備です。ダイビングショップ任せではなく、自分でしっかり確認しましょう。

器材セッティングは、BCDやレギュレーターの種類、又はそれぞれのダイバーの考え方によって違いがあります。自分の教えてもらった手順や考え方と照らし合わせて、共感できたところは、是非、実践してみてください。

 


 

スキューバタンク(シリンダー)のチェック

器材セッティングの前に、スキューバタンクのチェックをします。バルブカバー、もしくはテープを外してスキューバタンクのゴムのOリングを確認します。劣化やひび割れがある場合は、エア漏れの原因になります。新しいものに交換しましょう。バルブカバーやテープは充填済みの空気が入っている印でもあります。使用後は元に戻さないようにします。

バルブをゆっくりと少しだけ開いて空気を出します。空気の出ている部分に手を当てて鼻を近づけて、匂いを確認します。無臭であれば問題ありません。オイル臭い匂いや異臭がある場合は、そのスキューバタンクは使用しないでください。
 

空気を出すときはゆっくりと少しだけ開いてください。いきおいよく空気が出てしまうとOリングが外れてしまう危険性があります。

BCD(浮力調整装置)の装着

BCD(浮力調整装置)の装着

器材セッティングは毎回、同じ向きでやると覚えやすいです。スキューバタンクのバルブが右側にくるようにするとタンクが正面を向きます。そして、まずはBCDからセッティングしていきます。BCDは背中側が自分側に向くように持ちます。そして、スキューバタンクの前に持ち、上からタンクバンドを通していきます。タンクバンドの上部にある小さな輪も忘れずに通します。

BCDの高さは、BCDの種類にもよりますが、一般的には首の上端の高さがスキューバタンクのバルブと同じ高さになるようにセッティングします。高いとタンクバンドからスキューバタンクが簡単に抜けてしまいます。低いと水中で泳いでいるときに後頭部がバルブにぶつかる場合があります。
 

BCDの種類にもよりますが、スキューバタンクの平らな部分の上端から、男性は指4本分、女性は手のひらぐらいがタンクバンドの高さになるようにセッテイングするとちょうどよい高さになります。

BCDのバックルの正しい閉め方

BCDのバックルの閉め方は間違えて覚えてしまっているダイバーの方も多いです。間違った閉め方では、エントリーの際や水中で外れてしまう危険性があります。

①BCDはタンクバルブに対して並行になるように装着します。
②タンクバンドがまっすぐなのを確認して、右側にベルトを引っ張ります。
③バックルの一番外側にベルトを通します。
④バックルを右側に倒します。タングバンドに緩みがなければバックルがパチンと音をたてて閉まります。
 

バックルからベルトを完全に外してしまうと閉め方がわからなくなってしまう場合があります。その場合は落ち着いてバックルに書いてある番号通りにベルトを通します。ほとんどのタイプのバックルにベルトを通す番号が書かれています。

タンクバンドを固定した後はタンクバンドがスキューバタンクから抜けないかしっかり確認しましょう。

レギュレーター(呼吸器)の装着

次にレギュレーター(呼吸器)のセッティングです。ファーストステージ、セカンドステージ、予備の空気源(オクトパス)、中圧ホース、計器コンソール(残圧計)などの名称があります。レギュレーターの各部の名称がわからない方は、レギュレーター(呼吸器) 各部の名称をご覧ください。

レギュレーターはメインのセカンドステージを右側にします。残圧計、中圧ホースは左側にします。予備の空気源(オクトパス)は、レギュレーターにより違いがあります。レンタル器材の場合は、インストラクターに確認しましょう。写真のレギュレーターは右側になっています。又、寒い地域でドライスーツを使用する場合は、中圧ホースが1本多いです。ファーストステージのヨークスクリューは自分側にします。

レギュレーターの向きが決まったら、ファーストステージのヨークスクリューを緩めてダストキャップを外します。タンクバルブとファーストステージの凹凸を合わせてヨークスクリューを閉めていきます。この時、ヨークスクリューは、指3本の力で止まるぐらいに閉めます。タンクバルブを開けて空気を器材に流すと、ヨークスクリューが締まり外れなくなります。

BCDインフレーターの装着&予備の空気源の固定

そして、中圧ホースをBCDのインフレーターに繋ぎます。中圧ホースの先端の金属部分はバネのスライド式になっています。しっかりと奥まで接続します。接続後にホースとインフレーターを引っ張ってみて抜けないか確認するようにしましょう。

予備の空気源(オクトパス)はバディに渡しやすいように長くできています。ぶらぶらさせておくと壊してしまったり、珊瑚や魚の住処を壊してしまう危険性があります。オクトパスポケットやホルダーを使用して固定します。

タンクバルブを開く

タンクバルブを開いて空気を送り込みます。タンクバルブを開くときは時計と反対回り、閉めるときは時計回りになります。タンクバルブを開くときは、残圧計は高圧の空気が流れるため、もしひびや亀裂が入っている場合、破裂する危険性があります。残圧計の表示画面は下に向けてください。

タンクバルブは最初はゆっくりとそっと開きます。器材に空気が流れて、エア漏れがないことを確認したら、通常のスピードでタンクバルブを全開まで開いてください。止まるところまで開いたら、半回転だけ戻します。半回転戻すことにより、タンクバルブが開いているか、簡単に確認することができます。又、ぶつけたりしてしまい開きっぱなしになってしまうことも防ぎます。

残圧計の目盛りは日本国内の場合は170bar~190barほど入っていれば大丈夫です。それ以下の場合は交換しましょう。

BCD&レギュレーターの動作チェック

器材セッティングが終わったらBCDとレギュレーターの動作チェックをします。BCDは給気ボタン、排気ボタンを実際に押してみて、動作するか確認します。ブラダー(空気を入れるための浮き袋)にエア漏れがないかも確認します。

レギュレーターはセカンドステージのパージボタンを押してみます。鼻を近くに寄せて、出てきた空気の匂いを確認します。実際にマウスピースをくわえて何回か呼吸してみます。汚染された空気が混入している場合は異臭や変な味がします。その場合は、そのスキューバタンクは使用しないでください。正常な空気は無味無臭です。

同様に予備の空気源(オクトパス)も確認するようにしてください。普段、予備の空気源(オクトパス)は使用していないことが多いので、いざという時に動作するか、特に確認が必要です。

 

レギュレーターの動作チェックの際に、空気の匂いや味の確認ができるので、器材セッテイング前の確認は必要ないかもしれません。

 

器材セッティングの動画

撮影協力:RIHO

忘れやすい器材セッティング

忘れやすい器材セッティング

器材セッティングは、海外やリゾート地ではダイビングショップに毎回やってもらい、自分でやらないこともあります。オープンウォーターの講習の後、期間が空いていくと、どんどん忘れてしまいます。器材にトラブルがあったり、間違った方法でセッティングされていたり、複数ダイビングの際にタンクチェンジがされていなかったり、重大なトラブルに繋がります。

又、自分で器材セッティングすると各器材やボタンの位置を確認することができます。安全のためにも、自分で器材セッティングする習慣を身に着けましょう。

器材セッティングが終われば、バディ同士で協力して器材を装着してダイビングの前にプレダイブセーフティチェックをしましょう。次の、プレダイブセーフティチェックも是非、ご覧ください。

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。世界的な水中写真家達と出会い、水中撮影を始める。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。

サイパン時代に、IANTD本部の近藤正義氏と出会いテクニカルダイビングを始める。現在はSDI/TDI/ERDI JAPAN代表の加藤大典氏が師匠。SDI/TDIインストラクター、IART(国際テクニカル協会)インストラクター。テクニカルダイビングの普及にも取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Send to LINE