沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス・Cカード取得スクール

沖縄ダイビングスクール ワールドダイビング 電話番号

スズメダイ科

沖縄ダイビングの海水魚図鑑 (撮影地 沖縄本島&近郊の離島) スズメダイ科

セナキルリスズメダイ

セナキルリスズメダイ

スズキ目 スズメダイ科 体長7センチ サンゴ礁域の水深25~52メートルに生息している。 崖になった場所や岩場の周囲を好む。 雑食性で、動物プランクトン、付着藻類などを主に食べる。 体色は鮮やかな青色で、ルリスズメダイによく似ているが、吻から体側背部にかけて黄色帯がある。 撮影地 恩納村 真栄田岬
ミツボシクロスズメダイ

ミツボシクロスズメダイ

スズキ目スズメダイ科 体長15センチ 礁地と礁斜面に生息。 サンゴの周りに群生し、危険を感じた時や夜間はサンゴの枝間に隠れる。 体色は黒く、頭部に1個、両背部に各1個、計3個の白斑があることから名前の由来になっている。 成魚になると、頭部の白斑が消える。 幼魚はイソギンチャクと共生し、成魚になるとイソギンチャクを離れ、...
メガネスズメダイの幼魚

メガネスズメダイの幼魚

スズキ目 スズメダイ科 体長 幼魚3センチ   珊瑚礁域の水深12M以浅に生息する。成魚は茶色もしくは黄色がかる。和名の由来になっている背鰭の眼状班が青い鮮やかな縁取りで囲まれている。クロメガネスズメダイに似るが尾柄に白帯があるのが特徴。   幼魚は浅場に多く、頭部の上部から背鰭にかけて赤くなる。 ...
ルリホシスズメダイ(幼魚)

ルリホシスズメダイ(幼魚)

スズキ目 スズメダイ科 体長4センチ ルリホシスズメダイの幼魚 幼魚の頃は彩色が鮮やかで、成魚になるにつれ体の色が濃くなっていく。 幼魚は体色が黄緑色で、青色の斑点が鮮やか。 水深2~12mの珊瑚礁域に縄張りを作り、生息している。 色鮮やかで、観賞魚としても流通しているが、見た目とは違い攻撃的な性格を持っている。 撮影...
イチモンスズメダイ

イチモンスズメダイ

スズキ目 スズメダイ科 体長 3センチ 珊瑚礁域の3メートル以深に生息する。礁池内などに多い。 背鰭の黒班は成魚になっても残る。 ミヤコキセンスズメダイに似るが背鰭の黒斑がくっきりしていることで区別できる。 撮影地 恩納村 タイドプール
クロメガネスズメダイ

クロメガネスズメダイ

スズキ目 スズメダイ科 体長 8センチ 珊瑚礁域の水深3M~40Mに生息する。 幼魚は浅場に多く、頭部は黄色もしくは全身が青い個体もいる。 成魚になっても背鰭に名前の由来になっている眼状班がある。 撮影地 恩納村 真栄田岬
レモンスズメダイ

レモンスズメダイ

スズキ目 スズメダイ科 体長 6センチ   岩礁域や珊瑚礁域の浅場に生息する。 リーフ沿いなどの暗所を好み、近づくと穴に逃げ込む。 体地色はレモン色。頭部が青味を帯びる。通年観察できる。   撮影地 恩納村 真栄田岬  
ルリスズメダイ

ルリスズメダイ

スズキ目 スズメダイ科 体長 5センチ 浅い珊瑚礁や岩礁、タイドプールなどに生息する。 沖縄でスノーケルの際など、浅瀬でよく見られる「青い魚」は本種が多い。 和名の由来は、全身が鮮やかな瑠璃色をしていることから瑠璃雀鯛と名付けられている。 別名「コバルトスズメダイ」とも呼ばれる。 尾びれが透明なのがメスで、尾びれまで瑠...
アマミスズメダイ

アマミスズメダイ

スズキ目 スズメダイ科 体長 10センチ 珊瑚礁域の礁斜面の水深5から30Mほどに生息する。 スズメダイ科のなかでは比較的、大型の種。 ダイビング中もドロップオフ沿いに大きな群れを良く見かける。 幼魚は小型のものほど青みが強く、マクロ撮影がおもしろい。 撮影地 沖縄 水納島
デバスズメダイ

デバスズメダイ

スズキ目 スズメダイ科 体長:6センチ 浅場のサンゴを住処に群れていることが多い。沖縄では良く見かける普通種のスズメダイ。 和名は下顎の歯が突出することから出歯雀鯛と書く。 色が緑がかった淡いブルーで、光の当たり方によって様々な種類の青が映る。 撮影地 沖縄本島 奥武島
Return Top