沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス・Cカード取得スクール

沖縄ダイビングスクール ワールドダイビング 電話番号

エビ類

沖縄ダイビングの海水魚図鑑 (撮影地 沖縄本島&近郊の離島) エビ類

ムチカラマツエビ

ムチカラマツエビ

十脚目テナガエビ科 体長:1センチ その名の通りムチカラマツに擬態しています。 特徴は体系がずんぐりむっくりしている事と、何より突起が一切ないことです。 体色は宿主の色に合わせて固体変異がありますが、体は透明で黄色または白色の斑点からなる横帯が複数あります。 夜間には体が半透明になり、斑点がよく目立つので、また違う感じ...
ホシゾラワラエビ

ホシゾラワラエビ

ワラエビ科 ワラエビ属 体長 4センチ   ホシゾラワラエビの和名の由来は脚の白い点を星空に見立てて命名されている。 イソバナ類やヤギ類に生息してはさみ脚、歩脚が著しく長い。   近縁種のオルトマンワラエビとの違いはオルトマンワラエビは膝の関節辺りに白い点状の模様が入っているが、ホシゾラワラエビは入...
イソギンチャクモエビ

イソギンチャクモエビ

モエビ科 ヒメサンゴモエビ属 体長・約1センチ 他のエビ類には無い独特の鮮やかな体色をしている。 大型イソギンチャクや造礁サンゴの表面に生息している。 宿主とするイソギンチャクには触手に刺胞がある為、外敵から身を守ることができる。 尾を上に反らした体勢で行動する為、ダイバーの間ではシャチホコと呼ばれる事もある。
ミカヅキコモンエビ

ミカヅキコモンエビ

テナガエビ科 ソリハシコモンエビ属 体長 2センチ クリーナーシュリンプ。体は透明で、濃紫色と鮮黄色の斑点が散在し、額角や歩脚、腹部の下縁、尾扇の外縁などが黄色の細線で縁取られる。 ソリハシコモンエビと同じく岩穴などでフワフワとホバーリンングしている。 色が綺麗なので人気のある種。 大型のウツボやハタなどをクリーニング...
カノコイセエビ

カノコイセエビ

イセエビ科 イセエビ属 体長 40センチ イセエビ(伊勢海老)は、エビ目(十脚目)イセエビ科に属するエビの1種。 広義にはイセエビ科の数種を指す。 カノコイセエビはイセエビの中でも大型で体長35センチを超える個体も珍しくない。 重さは大きなもので1kg近くになり、日本では高級食材として扱われる。 和名のカノコイセエビ(...
バブルコーラルシュリンプ

バブルコーラルシュリンプ

テナガエビ科 イソカクレエビ属 体長 2センチ 和名はなく、バブルコーラルシュリンプという愛称で呼ばれている。 学名ではウィル・フィリピンエンシスとされている。 ミズタマサンゴを住処にする。 撮影地 沖縄 金武レッドビーチ
スザクサラサエビ

スザクサラサエビ

サラサエビ科 サラサエビ属 体長 4センチ 珊瑚礁域や岩礁の浅海に生息し、珊瑚の下側や岩の亀裂、岩陰を住処にする。 体全体に赤色と白色の縞模様が入る。頭胸甲後縁の白線と、第3腹節の頂から入る白線が逆「ハ」の字になる事で近似種と区別できる。 魚をクリーニングするクリーニングシュリンプで、指を差し出すとクリーニングしてくれ...
アカホシカクレエビ

アカホシカクレエビ

テナガエビ科 ホンカクレエビ属  体長 3センチ 岩礁域の浅海に生息する。 シマキッカイソギンチャクに付いてることが多く、スナイソギンチャクやグビジンイソギンチャクなどにも共生する。 体は透明で第三腹節の頂に白い大きな斑紋が入り、成体ではこの斑紋の前半部分に細い淡紫色が混じる。 若い個体は黄色の縁取りのある赤紫色の斑紋...
ゴシキエビ

ゴシキエビ

イセエビ科 イセエビ属 体長:60センチ 珊瑚礁や岩礁の浅海に生息する。礁緑の亀裂やサンゴの傘下、テトラポットの隙間などにも棲む。 体色は紫青色で、白色の不規則な縞(しま)模様があり、胸脚(きょうきゃく)には4本の白色縦線がある。 また、腹の節ごとに青緑色のグラデーションで、黄色い縁取りがある。 歩脚には淡黄色の縦縞、...
オトヒメエビ

オトヒメエビ

オトヒメエビ科 オトヒメエビ属 体長:8センチ 珊瑚礁や岩礁に生息する。岩穴や岩陰、リーフの下などにみられる。 魚をクニーングするエビで日中はやや暗所に隠れるが、夜は活発に出てくる。 白と赤の紅白の体色が特徴。 撮影地 沖縄本島 水釜
Return Top