沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

バックロールエントリーの正しいやり方 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAボートダイビングのエントリー方法はバックロールエントリーとジャイアントストライドエントリーが主なエントリー方法です。沖縄本島ではバックロールエントリーが多くなります。バックロールエントリーは船のまわりのへりがエントリー箇所になるので広いスペースでダイバーが同じタイミングでエントリーできる長所があります。

 

船のへりに海側を背中側に向けて座ります。このとき準備しやすいように自分の器材はまとめてて手の届く距離に置いておきましょう。バランスを崩さないように座りながらウエイト、フィン、マスク、グローブなどを装着していきます。最後に担当のインストラクターが重器材を背負わせてくれます。すべての器材を装着したのを確認します。

 

この時、タンクバルブが空いているか、エアが出るかなど器材の確認もしましょう。そして大事なのはBCDに空気を入れることです。そうしないとエントリーと同時に沈んでいってしまいます。

BCDを膨らませたら、右手の手のひらでレギュレーター、指先でマスクを押さえます。空いている左手はマスクのストラップを押さえます。右手と左手でマスクとレギュレーターはしっかりホールドしてください。エントリーする前に後ろを確認して、そのまま後ろ向きでエントリーします。

エントリー後は船を固定しているロープにつかまり水面で合流するのを待ちましょう。

 

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。世界的な水中写真家達と出会い、水中撮影を始める。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。

サイパン時代に、IANTD本部の近藤正義氏と出会いテクニカルダイビングを始める。現在はSDI/TDI/ERDI JAPAN代表の加藤大典氏が師匠。SDI/TDIインストラクター、IART(国際テクニカル協会)インストラクター。テクニカルダイビングの普及にも取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Send to LINE