沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

エア切れの対処法 予備の空気源(オクトパス)浮上

OLYMPUS DIGITAL CAMERAダイビング中にタンクの空気が切れてしまう、エア切れが起こってしまった際の対処の方法です。エア切れはダイビングのトラブルで最も怖いトラブルです。

エア切れの対処の仕方はいくつかありますが、バディがすぐ近くにいればバディの予備の空気源(オクトパス)をもらうことができます。まずはバディにエア切れのハンドシグナルを送りましょう。そしてエアがほしいことを伝えます。このサインは大事なサインなのでオープンウォーターの教科書で確認しましょう。

バディはサインを確認したら予備の空気源を渡します。予備の空気源は水中のなかでいざというとき見つけやすいように鮮やかな色が使用されています。
又、バディに渡しやすいように長くできているのも特徴です。

エアをもらうダイバーは予備の空気をもらう際にレギュレータークリアを忘れずにします。そしてお互いが離れてしまわないように右腕同士で腕をホールドします。このとき、左手は浮上スピードをコントロールできるようにインフレーターの排気ボタンに指をかけておきます。周囲に注意をしてゆっくりゆっくり浮上しましょう。

この方法がエアが切れてしまった場合、最も安全な方法になります。ダイビング中はバディと離れないようにしてください。又、エア切れを未然に防ぐためにも残圧系の確認はこまめにしましょう。

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。世界的な水中写真家達と出会い、水中撮影を始める。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。

サイパン時代に、IANTD本部の近藤正義氏と出会いテクニカルダイビングを始める。現在はSDI/TDI/ERDI JAPAN代表の加藤大典氏が師匠。SDI/TDIインストラクター、IART(国際テクニカル協会)インストラクター。テクニカルダイビングの普及にも取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks