沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

レギュレータークリア&リカバリー 水を飲まないコツ

OLYMPUS DIGITAL CAMERAオープンウォーターコースなどの講習でも練習するレギュレータークリアのやり方です。

レギュレーターはダイビング中に呼吸する呼吸器になりますが、水中で口から外れるなどしてしまうとレギュレーターの中に水が入ってしまいます。

クリアの方法は2通りあり、くわえなおした際に強く息を吐き出しクリアする方法とパージボタンというボタンを利用する方法です。

強く息を吐き出す方法を練習する際は肺のなかにたくさん息を溜めてから口から外すのがコツです。そうすると簡単に吐き出せます。レギュレーター中央にあるパージボタンを押すときは空気の出てくる穴の箇所を舌の先でしっかり塞いでから2秒~3秒ほどボタンを押します。

 

又、もし手からも離れてしまいどこにいってしましったかわからない場合のリカバリーの方法は右肩を下げて、右手で右の太ももを触り、おしりを触り、タンクの底から大きく手を回すと引っかかってきます。

レギュレーターを外す練習をする際は呼吸を止めないというダイビングのルールに従い、小さく泡を出し続けましょう。
 

 

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。世界的な水中写真家達と出会い、水中撮影を始める。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。

サイパン時代に、IANTD本部の近藤正義氏と出会いテクニカルダイビングを始める。現在はSDI/TDI/ERDI JAPAN代表の加藤大典氏が師匠。SDI/TDIインストラクター、IART(国際テクニカル協会)インストラクター。テクニカルダイビングの普及にも取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks