沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

ダイビングの前にプレダイブセーフティチェック

OLYMPUS DIGITAL CAMERAダイビングの前にバディ同士で器材を確認するプレダイブセーフティチェックをやりましょう。オープンウォーターのライセンスコースでも実施します。バディ同士向かい合い、自分のバディが器材を正しく装着できているか、器材が正常に動作するか確認をします。

教科書では、レギュやオクトパスの呼吸器をブレスの頭文字B、ウエイトの頭文字W、ホース類のことをリリース類の頭文字R、エアーの頭文字A、最後に全体を見るファイナルの頭文字F。頭文字を並べて「Beguine With Review And Friends」と覚えるように出てきますが、日本人には馴染みのない言葉です。
大事なのは内容ですが、レギュレーター、予備の空気(オクトパス)から空気が出るか、バルブは空いているか、ウエイトベルトは忘れずに巻いているか、いざというときに外せるようにクイックリーシステムは使えるか、ホース類はねじれていないか、残圧系の表示は正しいか、最後に全体的に忘れ物がないかなどを確認しましょう。うっかり忘れやすいのはタンクバンドの締め付けとバルブの開閉です。

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会う。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。テクニカルダイビングはIANTD近藤正義氏が師匠。IART(国際テクニカル協会)のインストラクターでもあり、サイドマウントの普及に取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks