沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

伊江島 釣り場ポイント

DSC_0751

おすすめ度 ★★★★★ エントリー方法:ボート
レベル:中級者から 水深:10M~35M 透明度:20M~30M

 

伊江島の有名なカナン崎ドームの東隣に位置する釣り場ポイント。
名前の由来どおり釣り人が多いので釣り糸には注意が必要。
エントリーすると目の前に巨大なオーバーハングが見える。かなり大きくオーバーハングしており、カスミチョウチョウウオやキンギョハナダイが群れている。オーバーハングから潜降すると水深18Mぐらいに穴が現れる。水中トンネルになっておりトンネルの天井にはイソバナ、ヤギ、ソフトコーラルが群生する。トンネルの先はメインスポットになる外洋側に抜けれる横穴がぽっかりとあいている。タテジマキンチャクダイやニシキヤッコが舞い幻想的な風景が広がる。

DSC_0782

トンネルを抜けるとスカイダイビングしているかのようなダイナミックなドロップオフが広がる。まわりには複数のトンネルやオーバーハングがあり、わくわくするような地形ポイント。イソマグロやカツオなどの回遊魚の確率も高い。巨大なオーバーハング、水中トンネル、ダイナミックな地形、回遊魚など隣の有名なカナン崎ドームにもひけをとらない魅力的なポイント。
潮通しが早いこともあり、ドロップオフの下はあっという間に35Mになるので中級者向けのポイント。オホバNO1と同様で風向きは南西の穏やかな日。

 
撮影地 伊江島 釣り場ポイント

 

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。世界的な水中写真家達と出会い、水中撮影を始める。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。

サイパン時代に、IANTD本部の近藤正義氏と出会いテクニカルダイビングを始める。現在はSDI/TDI/ERDI JAPAN代表の加藤大典氏が師匠。SDI/TDIインストラクター、IART(国際テクニカル協会)インストラクター。テクニカルダイビングの普及にも取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks