沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

カナン崎ドーム

おすすめ度 ★★★★ エントリー方法:ボートorビーチ
レベル:中級者から 水深:5M~25M 透明度:20M~40M

 
カナン崎ドームは伊江島の北、ワジーと釣り場ポイントの間に位置する。伊江島を代表するポイントでオホバと並ぶ人気のダイビングスポット。伊江島の海を象徴するともいうべき巨大なドームがある。一般的にはボートエントリーのダイビングスポットだが、数年前にビーチからエントリーする階段が整備されたことによりビーチからも楽にエントリーができる。ビーチエントリーの際は満潮の時間帯がおすすめ。

水中にはスポット名の由来の通り、いくつもの縦穴や横穴が存在する。メインのドームは上から垂れ下がった大きな岩が「のどちんこ」のように見えることからのどちんこホールとも言われる。穴のなかには天井に空いた穴からスポットライトのように光が照らされる幻想的なエリアや入り口がとてもせまい穴など、さまざまな穴がある。

ウミウチワ、イソバナ、ウミシダが多く、穴の中にはリュウキュウハタンポ、アカマツカサ、ベニマツカサがいる。大物ではウミガメ、ホワイトチップ、春ごろにはロウニンアジの大群に出会う確率も高い。明るめの水中ライトが必要なダイビングスポット。

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。世界的な水中写真家達と出会い、水中撮影を始める。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。

サイパン時代に、IANTD本部の近藤正義氏と出会いテクニカルダイビングを始める。現在はSDI/TDI/ERDI JAPAN代表の加藤大典氏が師匠。SDI/TDIインストラクター、IART(国際テクニカル協会)インストラクター。テクニカルダイビングの普及にも取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks