沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

伊江島 オホバNO1

DSC_0659

おすすめ度 ★★★★ エントリー方法:ボート
レベル:中級者から 水深:10M~35M 透明度:20M~30M
 
伊江島を代表する地形的なポイントのオホバNO1。伊江島の北東に位置する。すぐ隣にはオホバNO2がある。潮通しが良く、伊江ブルーと呼ばれる濃い深みのあるブルーが広がる。

水深5M前後の浅い珊瑚礁の棚に横一文字に細い縦穴があり、水深20Mまでからトンネルになり外洋側へ抜けることができる幻想的なケーブポイント。
水中トンネルの中にはアカマツカサ、ハタンポ、スミレヤッコなどが群れている。

DSC_0684

縦穴の下から上を見上げると光のカーテンが広がり、魚たちの幻想的なシルエットが見える。周りには大きなイソバナやウミウチワも広がる。

ドロップオフも豪快で水深30Mまで垂直に落ちる。ドロップ沿いにはイソマグロやツムブリなどの回遊魚の遭遇率も高い。オーバーハングもあり、大型のハタなどが潜んでいるがドロップオフの下は深いので減圧には注意が必要。

沖縄本島からの場合は南西の穏かな日に行くことができる。
 
撮影地 伊江島 オホバNO1

 

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会う。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。テクニカルダイビングはIANTD近藤正義氏が師匠。IART(国際テクニカル協会)のインストラクターでもあり、サイドマウントの普及に取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks