沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

瀬底島 太陽の砂

瀬底島 太陽の砂

おすすめ度 ★★★ エントリー方法:ボート
レベル:初級者から 水深:7M~20M 透明度:10M~25M

 

瀬底島の北に位置する「太陽の砂」と呼ばれるポイント。瀬底北もしくはペイとも呼ばれる。
太陽の砂は有孔虫という生物の殻が乾燥したもので、星の砂は有孔虫の一種バキュロジプナス、太陽の砂はカルカリナの殻になる。

エントリー後、船の下は水深10M前後で砂地に根があり、なだらかに深くなる。瀬底島側は水深が浅くなり、入り組んだ地形が続き、ハナビラクマノミの巨大なコロニーがいくつもある。浅瀬の棚から水中トンネルが続き洞窟探検も楽しめる。トンネルのなかにはアカマツカサやホウセキキントキ、クレナイニセスズメ、アオギハゼなどがいる。

瀬底島 ユビエダハマサンゴ

水深10M~15Mにはユビエダハマサンゴが見事に群生する。珊瑚のまわりにはキホシスズメダイ、ロクセンスズメダイ、アマミスズメダイなどが群れ、沖にはタカサゴの仲間、クマササハナムロなどが群れる。深場の砂地にはネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウなども生息する。

 

撮影地 瀬底島 太陽の砂

 

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。世界的な水中写真家達と出会い、水中撮影を始める。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。

サイパン時代に、IANTD本部の近藤正義氏と出会いテクニカルダイビングを始める。現在はSDI/TDI/ERDI JAPAN代表の加藤大典氏が師匠。SDI/TDIインストラクター、IART(国際テクニカル協会)インストラクター。テクニカルダイビングの普及にも取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks