沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

瀬底島 パンプキン

コモンシコロサンゴ

おすすめ度 ★★★★ エントリー方法:ボート
レベル:初級者から 水深:10M~25M 透明度:15M~30M

 

瀬底島の南沖へ約100Mほどの位置にパンプキンと呼ばれるダイビングスポットがある。パンプキンは巨大なコモンシコロサンゴがカボチャのような形をしているところからスポット名の由来がきている。

 

ドロップオフの沖へ進むと水深20M前後の砂地が続き、ヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウ、ニチリンダテハゼなどの共生エビが見られる。ガーデンイールの英名で人気のチンアナゴもたくさんいるが、白とオレンジのしましま模様の珍しいニシキアナゴも生息する。またドロップオフにはダイバーに人気のスミレナガハナダイなども生息する。

パンプキンのウミガメ

棚のうえは水深7M~15Mほどでグルクンの群れやノコギリダイの群れ、アカヒメジ、キンギョハナダイ、ハナゴイなどがみられる。また、瀬底島の中ではウミガメの遭遇率がもっとも高くアオウミガメが多いが、巨大なアカウミガメがいることもある。

 

撮影地 瀬底島 パンプキン

 

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。世界的な水中写真家達と出会い、水中撮影を始める。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。

サイパン時代に、IANTD本部の近藤正義氏と出会いテクニカルダイビングを始める。現在はSDI/TDI/ERDI JAPAN代表の加藤大典氏が師匠。SDI/TDIインストラクター、IART(国際テクニカル協会)インストラクター。テクニカルダイビングの普及にも取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks