沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

瀬底島 ラビリンス北

ラビリンスのホワイトチップ

おすすめ度 ★★★★★ エントリー方法:ボート
レベル:初級者から 水深:10M~30M 透明度:20M~30M

 

沖縄本島の北西の沖に位置する瀬底島。瀬底島には幻想的な迷宮スポット「ラビリンス」がある。
リピーターさんに人気のラビリンスだが、そのラビリンスからほんの少し北にラビリンス北、もしくはラビリンスNO2と呼ばれるダイビングスポットがある。
 
船の下は水深が深く15M~18Mほどあるが、リーフへ向かうと水深は10M~15Mほどになる。リーフ沿いにはラビリンスと同様にいくつもの迷宮のような水中洞窟、トンネル、アーチなどが存在する。せまい横穴や行き止まりになっている場所も多いので水中ライトで照らしながら、器材をぶつけないように注意する必要がある。
 
せまいトンネルの隙間はホワイトチップ(ネムリブカ)の住処になっている場所もあり、多いときはいくつものホワイトチップと出会うことができる。この写真の撮影時には1つの住処に4個体のホワイトチップがいた。

ラビリンスの神秘的な景色

トンネルのなかは太陽の光が幻想的に差し込み、神秘的な景色が続く。光の差し込む角度によってはスポットライトのように見える場所もある。暗いところを住処にするアカマツカサやリュウキュウハタンポ、イセエビも棲んでいる。
 
瀬底島でラビリンスに潜ったことがあるダイバーさんには是非潜ってほしいダイビングスポット。

 

撮影地 沖縄 瀬底島 ラビリンス北

 

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会う。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。テクニカルダイビングはIANTD近藤正義氏が師匠。IART(国際テクニカル協会)のインストラクターでもあり、サイドマウントの普及に取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks