沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

真栄田岬

おすすめ度 ★★★★★ エントリー方法:ビーチorボート
レベル:初級者から 水深:5M~40M 透明度:15M~25M

沖縄本島を代表する有名なダイビングポイント。
恩納村の真栄田岬。

空港、那覇市内から58号線を北上、観光名所の琉球村の看板を左折、道なりに進むと真栄田岬への看板が見えてくる。

真栄田岬からは東シナ海を一望でき、ダイビングの他にもシュノーケル、海水浴もできる。
話題の青の洞窟も真栄田岬にある。

初級者からベテランのダイバーまで満足できるポイント。
地形的にもおもしろいポイントで沖へ向かうとドロップオフになっており、水深30M~40Mはあっという間に潜る事ができる。
深場ではジョーフィッシュやヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウなどを見ることができる。

amIMG_7718

ツバメの根と呼ばれる根では、回遊魚やツバメウオの群れが見応えあり、魚影の濃いポイント。ドロップ沿いにはアマミスズメダイが群れ、岩陰にはコショウダイの仲間などもいる。

探せばイセエビやホワイトチップなどもいることがある。

青の洞窟だけではなく、幅広く楽しめるポイント。
冬場のほうが透明度も良くなる。

撮影地 沖縄本島 恩納村

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会う。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。テクニカルダイビングはIANTD近藤正義氏が師匠。IART(国際テクニカル協会)のインストラクターでもあり、サイドマウントの普及に取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks