沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

ホーシュー北

ホーシュー北

おすすめ度 ★★★★★ エントリー方法:ビーチorボート
レベル:上級者から 水深:30M~50M 透明度:20M~30M

ホーシューの北、別名「万座釣り場ポイント」とも呼ばれているポイント。
ホーシューと同じくボートエントリー、ビーチエントリーの両方が可能。

ホーシューもそうだが、このポイントはあまり日本人のダイバーがみられない、外人ダイバー御用達ポイント。
日本人ダイバーの場合はほとんどがダイビングスタッフばかり。
ごつごつした岩場を降りてエントリーすることになるので、エントリー、エキジットはとても困難。

水中はダイナミックな地形が続き、水深40メートルほどまで垂直に落ちている。
釣り小屋の真下の立ち根はイソマグロなどの大物も回遊することがあるが、釣り人が多いので注意が必要。
ドロップ沿いも同じく釣り人が多い。

キンギョハナダイ、スミレナガハナダイ、ムレハタタテダイなどの群れが見事。

地形もおもしろく、大物も回遊し魚影の濃いポイントだが、潮の流れが強くなることがあり、ビーチからの場合はエントリー、エキジットが困難なため、上級者向けのポイント。

撮影地 恩納村 ホーシュー 釣り小屋前

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。世界的な水中写真家達と出会い、水中撮影を始める。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。

サイパン時代に、IANTD本部の近藤正義氏と出会いテクニカルダイビングを始める。現在はSDI/TDI/ERDI JAPAN代表の加藤大典氏が師匠。SDI/TDIインストラクター、IART(国際テクニカル協会)インストラクター。テクニカルダイビングの普及にも取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks