沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

ホーシュー

IMG_2073

おすすめ度 ★★★★★ エントリー方法:ビーチorボート
レベル:中級者から 水深:30M~50M 透明度:20M~30M

地形的なポイントの多い恩納村のなかでも最もドロップオフが豪快なホーシュー。
ボートエントリー、ビーチエントリーの両方が可能。
ビーチからの場合、万座毛の脇の道を進み車を止め、エントリーすることができる。

ドロップオフから見下ろすと馬のひずめ(ホースシューズ)のような岩があり、外人ダイバーのなかでホースシューズと名付けられ、現在はホーシューと呼ばれるようになった。

エントリーするとすぐに豪快なドロップオフになっていて、透明度の高い沖縄の海でも水底が見えない。
ドロップオフの真下で水深40メートル、沖へ行くと水深50メートルもあっという間。
宇宙遊泳をしているような気分を味わうことができるが、中性浮力は必須、減圧にも要注意。

深場にはダイバーに人気のアケボノハゼやピグミーシーホースなどもいる。

大きなクレパスがあり、上下にWアーチ状に穴があり、下の穴で水深20メートルほど。
イソマグロ、ツムブリ、カスミアジ、カマスの群れなどに遭遇することもある。

105

水深5M前後のリーフ上にはハードコーラルが群生している。
サンゴの隙間を覗くとメガネゴンベ、ホシゴンベ、オオアカホシサンゴガニ、カスリフサカサゴなどさまざまな魚を観測できる。

又、潮の流れが強くなることもあるポイントなので注意が必要。

撮影地 恩納村 ホーシュー

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会う。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。テクニカルダイビングはIANTD近藤正義氏が師匠。IART(国際テクニカル協会)のインストラクターでもあり、サイドマウントの普及に取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks