沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

アポガマ・ウドゥイガマ

アポガマ (ウドゥイガマ)

おすすめ度 ★★★★★ エントリー方法:ビーチorボート
レベル:中級者から 水深:5M~40M 透明度:20M~30M

恩納村では有名な青の洞窟のほかにもたくさんの洞窟ポイントがある。
恩納村指定文化財のウドゥイガマを抜けた先にあるダイバーのなかではアポガマと呼ばれるポイント。
ここの洞穴(ガマ)で昔、若い男女が約束(アポ)をして会っていたことからアポガマと呼ばれるようになった。

ボートエントリー、ビーチエントリーの両方が可能。
浅場のリーフを抜けるとストンと水深30メートルまで落ちているドロップオフ。
リーフの上には2つの縦穴があり、ドロップオフの中間から出ることが出来る。

149414_3420960761221_1272577730_n

縦穴のなかは太陽の光がスポットライトのように差し込み神秘的、幻想的なポイント。

潮が流れることもあるポイントなので、イソバナやウミウチワがついている。
イソマグロやカスミアジ、ツムブリなどの大物も回遊するポイント。
深場にはスミレナガハナダイも多い。

休憩時にはアポガマのなかでゆっくり休憩するとタイムスリップしたような気分を味わえる。
人も少ない、隠れた秘境ポイント。

撮影地 恩納村 村指定文化財 ウドゥイガマ

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会う。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。テクニカルダイビングはIANTD近藤正義氏が師匠。IART(国際テクニカル協会)のインストラクターでもあり、サイドマウントの普及に取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks