沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

宮古島 中の島チャネル

宮古島 中の島チャネル

おすすめ度 ★★★ エントリー方法:ボートorビーチ
レベル:初級者から 水深:5M~25M 透明度:20M~40M

 

宮古列島の下地島のダイビングスポット。中の島湾に位置する中の島チャネル。インリーフはビーチからもエントリーが可能で北風にも強いスポット。

 

珊瑚礁の群生した浅い根のうえにはオヤビッチやデバスズメダイ、クマノミなどが見られる。水深10M~18M前後には水路が続き、数多くのクレパスやアーチがあり光が差し込んでくる所は水深が比較的浅いため眩しいほどの光が降り注ぐ。岩がくっつきあって出来た自然のアーチがあったり地形に変化があっておもしろい。初心者のダイバーから楽しめる冒険的なスポット。

沖へ向かっていくとドロップオフがあり、根がいくつかあり、根の間には砂地とゴロタが広がる。ダイバーのアイドル的存在のハナヒゲウツボやオビテンスモドキ、小石の下にはキンチャクガニなども見られるのでマクロ好きのフォト派にとっても嬉しいスポット。宮古の地形ポイントは水深が深いスポットが多いので最終日や3ダイブ目などにちょうど良い。
 
「第5回 宮古島で最大5泊6日のスペシャルツアー!!」にて、写真の差し替えと追加。
 
撮影地 宮古島 中の島チャネル

 

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会う。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。テクニカルダイビングはIANTD近藤正義氏が師匠。IART(国際テクニカル協会)のインストラクターでもあり、サイドマウントの普及に取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks