沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

宮古島 L字アーチ&ワープホール

DSC_3563

おすすめ度 ★★★★★ エントリー方法:ボート
レベル:上級者から 水深:15M~35M 透明度:20M~40M

 

宮古のダイビングスポット「L字アーチ」は伊良部島の北に位置する。流れが強いことが多く、水中洞窟が長く続き、水深も深いため上級者向けのダイビングスポット。南風など夏場がベストシーズンのダイビングスポット。他に類をみないダイナミックで地形的なスポット。このL字アーチの地形は地盤が陥没したような地形で開放感があり、陥没したような地形の下には独特の切り立った岩が重なり合いアカヒメジなどが群れている。又、ロウニンアジなどの大物も遊泳している。
 

DSC_3583

ポイントの由来のL字アーチは縦穴からはじまり、横穴へとL字になっている。そして、水中のトンネルが体験したことがないほどとても長い。半水面の水中洞窟ではなく、完全に頭上が覆われていて抜け穴のような水中トンネルが続く。トンネル内は太陽の光が差し込む幻想的なエリアもあり、アカマツカサやハタンポの仲間が住んでいる。トンネルを抜けるとドロップオフの地形的な景色が広がり、イソバナが咲き、スミレナガハナダイ、ヤマブキスズメダイなどがみられる。長いトンネルは通称「ワープホール」とも呼ばれる。
 
もし、トンネル内でアクシデントが起こった際に、トンネルから出るまで時間がかかる。エアの管理、落ち着いて対処ができるなどダイビングスキルが求められる上級者以上向けのポイント。
 
宮古島 L字アーチ
 

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会う。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。テクニカルダイビングはIANTD近藤正義氏が師匠。IART(国際テクニカル協会)のインストラクターでもあり、サイドマウントの普及に取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks