沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

水納島 ジャイアントケーブル

aIMG_1665
おすすめ度 ★★★★★ エントリー方法:ボート
レベル:初級者から 水深:10M~30M 透明度:30M~40M

 

水納島は沖縄北部の本部町に属する島。
瀬底島と伊江島の中間に浮かぶ島。

本部半島の沖合、北西1.5kmの珊瑚礁に浮かぶ三日月型の小さな島で、上空から観察するとクロワッサンに見えることから、「クロワッサンアイランド」と呼ばれている。

もともと水資源が乏しいことから「水の無い島」が島名になったとされる。

0671
ダイビングポイントも数多くあり、手付かずの自然が残っている秘境スポット。
透明度が高く、青い海に白い砂地が広がる。ウミガメの遭遇率もとても高い。

ジャイアントケーブルと呼ばれる水納島の北側に位置する砂地のポイントでは、砂地のあちこちにガーデンイールが見られる。

珊瑚礁のまわりではスカシテンジクダイが群れ、キンギョハナダイ、ケラマハナダイ、ヨスジフエダイなども見られる。
スズメダイやチョウチョウウオの仲間も多い。

浅瀬のリーフ上での珊瑚礁の群生は沖縄のなかでもトップクラス。

 

撮影地 沖縄 水納島 ケーブル

 

(最終更新:2016年7月8日)

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会う。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。テクニカルダイビングはIANTD近藤正義氏が師匠。IART(国際テクニカル協会)のインストラクターでもあり、サイドマウントの普及に取り組んでいる。