沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

水納島 ワサワサ

水納島 ワサワサ

おすすめ度 ★★★★ エントリー方法:ボート
レベル:初級者から 水深:10M~25M 透明度:30M~40M

沖縄の北部から日帰りで行ける水納島。
ワサワサは沖縄の方言でワクワクという意味。
水納島らしい透明度の高いポイントで砂地にいくつかの根が点在する。

細長いメインの根には珊瑚礁が広がり、ケラマハナダイやキンギョハナダイ、カシワハナダイなどが群れている。
長いムチカラマツにはガラスハゼやムチカラマツエビがいることがある。

イソバナも綺麗に咲いていてまわりにはカエルアンコウやハダカハオコゼ、タテジマキンチャクダイやハタの仲間などもみられる。

IMG_0985

水深20M付近には「1本サンゴ」と呼ばれる雑誌にもよく登場するテーブルサンゴがある。
珊瑚の付近にはデバスズメダイやフタスジリュウキュウスズメダイ、テンジクダイの仲間などが群れている。

撮影地 沖縄 水納島 ワサワサ

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。世界的な水中写真家達と出会い、水中撮影を始める。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。

サイパン時代に、IANTD本部の近藤正義氏と出会いテクニカルダイビングを始める。現在はSDI/TDI/ERDI JAPAN代表の加藤大典氏が師匠。SDI/TDIインストラクター、IART(国際テクニカル協会)インストラクター。テクニカルダイビングの普及にも取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks