沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

残波岬

おすすめ度 ★★★★★ エントリー方法:ビーチorボート
レベル:上級者から 水深:30M~ 透明度:20M~30M

読谷村にある残波岬は東シナ海に面した岬で高さ約30mの断崖が約2km続いている。
1945年に米軍が残波岬を目印に読谷海岸に上陸した歴史もあり、ダイビングのポイントとしても有名なスポット。

断崖絶壁を降りていくビーチからのエントリーとボートからのエントリーと両方可能。
ビーチからの場合は断崖絶壁を降りていくので、女性や体力に自信のない方には厳しい。

崖が険しいため、潜るダイバーは少なく手付かずの自然がそのまま残っている。
エントリーするとすぐに豪快なドロップオフ。
水底はあっという間に40Mを越える。
最大深度は海底が見えない。

地形も見応えがあり、ドロップオフだけでなく縦穴や横穴の洞窟が無数にある。
ダイバーに人気のピグミーシーホースや大物のナポレオンフィッシュ、ホワイトチップなどがいる。
年に何回かはマンタ(オニイトマキエイ)の目撃例もある。
大物の期待できるポイント。

エントリー、エキジットが困難なだけでなく、水深も深く、潮の流れが強い場合が多いので上級者向けのポイント。
海洋状況を確認して無理をしてはいけないポイント。

撮影地 沖縄本島 読谷村

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。世界的な水中写真家達と出会い、水中撮影を始める。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。

サイパン時代に、IANTD本部の近藤正義氏と出会いテクニカルダイビングを始める。現在はSDI/TDI/ERDI JAPAN代表の加藤大典氏が師匠。SDI/TDIインストラクター、IART(国際テクニカル協会)インストラクター。テクニカルダイビングの普及にも取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks