沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

石切

おすすめ度 ★★★ エントリー方法:ビーチ
レベル:中級者から 水深:5M~25M 透明度:5M~15M

空港、那覇市内から北上、北部の本部町にある石切と呼ばれるポイント。
崎本部(ゴリラチョップ)の少し手前、449号線沿い。

エントリー、エキジットは階段があり、昇り降りが大変だが北風に強い冬場向けのポイント。
西風には弱く、エントリー、エキジットの際に注意が必要。グローブがあれば着用したほうが良い。

ベテランダイバーやフォト派ダイバーに人気のポイント。

浅場のテトラポットの陰などを覗き込むとカノコイセエビやゴシキエビがいたりする。

a035

よく育ったムチカラマツも多くあり、ガラスハゼやムチカラマツエビもいる。

砂地には臆病だが共生ハゼも良く見かける、サンゴ周りにはスズメダイやアカヒメジ。
沖へ向かうと高確率でダイバーに人気のハナヒゲウツボが数個体、目撃されている。

又、ビーチポイントのなかではウミガメの遭遇率も高いポイント。

撮影地 沖縄本島 本部町

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会う。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。テクニカルダイビングはIANTD近藤正義氏が師匠。IART(国際テクニカル協会)のインストラクターでもあり、サイドマウントの普及に取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks