沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

クマノミパラダイス

クマノミパラダイス

おすすめ度 ★★★ エントリー方法:ボート
レベル:初級者から 水深:5M~20M 透明度:5M~15M

嘉手納町の水釜沖にある伊奈武干瀬(イナンビシ)は、別名「クマノミパラダイス」とも呼ばれている。

カクレクマノミ、クマノミ、セジロクマノミ、ハナビラクマノミ、ハマクマノミの5種類のクマノミのコロニーが一面に広がっている、その名のとおりのクマノミパラダイス。
クマノミ好きにはたまらないポイント。

又、カラフルなソフトコーラルが群生し、少し沖へ向かうと白い砂地が広がる。
砂地では、ネジリンボウやヤシャハゼなどの共生ハゼや、ガーデンイールなどが見られる。

クマノミパラダイス

イナンビシは嘉手納町の沖にあるポイント。冬場の北風にも強く、穏やかなことが多い。

水深の浅い海底になだらかな砂地が広がり流れることもほとんどないため、初心者や体験ダイバーから潜ることができる。

撮影地 沖縄本島 嘉手納町

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会う。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。テクニカルダイビングはIANTD近藤正義氏が師匠。IART(国際テクニカル協会)のインストラクターでもあり、サイドマウントの普及に取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks