沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

辺戸岬キャニオン【辺戸岬】

辺戸岬キャニオンの巨大なアーチ

おすすめ度 ★★★★★ エントリー方法:ボート
レベル:中級者から 水深:10M~45M 透明度:30M~40M
 

沖縄本島の最北端に位置する辺戸岬のほぼ真下に位置する辺戸岬キャニオン。宜名真漁港から船で辺戸岬の断崖絶壁にまわりエントリー。潮の流れが速いことが多く、ドリフトダイビングになるため、シグナルフロートは必須で用意したほうが良い。

波も当たりやすく夏場の南風の穏やかな日に行くことができる。

まるでグランドキャニオンのような景観が広がり、巨大なアーチが出迎えてくれる。地形派ダイバーにはとても魅力的なポイント。沖縄本島では最も大物遭遇率が高いダイビングスポット。

辺戸岬キャニオンの巨大な岩下

大きな根が連なり、水底は45Mほどあるため、青い海にまるで吸い込まれそうな気分になる。宇宙遊泳もしくは空を飛んでいるかのように錯覚を起こす。ドロップオフ沿いに進むとハナゴイ、カスミチョウチョウウオ、アカククリ、ツバメウオなどがいる。イソバナも多く、浅瀬にはウミガメがよく見られる。

深場のオーバーハングでは、コクハンハタなど大型のハタやネムリブカがいる。

大物では特にベラの王様と呼ばれるナポレオンフィッシュ(メガネモチノウオ)が群れで根付いている。イソマグロ、ロウニンアジなどの回遊魚も頻繁に目撃される。

周りの景色に見とれていると、あっという間に流されてしまうこともある。しっかりとダイビングスキルを身につけてから行く必要のあるダイビングスポット。
 
辺戸岬のダイビングに興味のある方は辺戸岬ダイビング 辺戸岬ドーム・鍾乳洞も是非ご覧ください。

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。世界的な水中写真家達と出会い、水中撮影を始める。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。

サイパン時代に、IANTD本部の近藤正義氏と出会いテクニカルダイビングを始める。現在はSDI/TDI/ERDI JAPAN代表の加藤大典氏が師匠。SDI/TDIインストラクター、IART(国際テクニカル協会)インストラクター。テクニカルダイビングの普及にも取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Send to LINE