沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

金武岬・金武

おすすめ度 ★★★ エントリー方法:ボート
レベル:初級者から 水深:5M~35M 透明度:15M~20M

 

沖縄本島中部の東海岸、金武町のネイチャーみらい館の港から船で15分ほどのダイビングスポット。金武湾の岬で沖には伊計島があることで知られる与勝諸島もみえる。
 
船のアンカーを大きな根にかけてエントリーする。根のトップは5Mほどだが豪快なドロップオフが続き下は30Mを超える。ドロップ沿いではグルクンの群れ、砂地でハタタテハゼの巨大なコロニーがいくつもある。アンカーをかける根の下、20Mから23Mほどにせまい穴がある。その穴の中にはネムリブカが寝ていることも多い。
 
沖縄の海域では、ほぼ観察されていないベニゴンベが大きなハナヤサイサンゴに生息していたが現在は見当たらない。
エイ、ツマグロ、オグロメジロザメなど大物も狙えるダイビングスポット。

潮通しのあるドロップ沿いには珊瑚礁も群生している。イソバナもあるがアカヤギも多い。
初心者ダイバーから可能だが、上級者ダイバーも楽しめる。北風の日に大物を狙うならおすすめのスポット。
 
アドバンスのディープダイビングも可能。
 

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会う。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。テクニカルダイビングはIANTD近藤正義氏が師匠。IART(国際テクニカル協会)のインストラクターでもあり、サイドマウントの普及に取り組んでいる。