沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

ミニドリームホール

ミニドリームホール

おすすめ度 ★★★★ エントリー方法:ボート
レベル:初級者から 水深:5M~30M 透明度:20M~30M

恩納村の有名な地形ポイントの万座ドリームホールがポイント名の由来になっているミニドリームホール。

ポイント名はミニとなっているが、水深15mまでの縦穴をゆっくり降りていくと、ケーブの下から見上げる光の美しさは格別。キンギョハナダイの乱舞もみられる。

メインの穴以外にも光のカーテンの部屋と呼ばれるクレパスは、差し込む光がオーロラのように美しい。

名物のダイバーの泡

又、ケーブの上ではケーブの中を潜ったダイバーの吐いた泡が見られるのもおもしろい。

ケーブを抜けて沖へ進むと、深場に砂地が広がり、ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウ、ムチカラマツにガラスハゼなどマクロも楽しめる。

ミニという名がついてはもったいないと思わせるポイント。

撮影地 沖縄本島 恩納村

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。世界的な水中写真家達と出会い、水中撮影を始める。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。

サイパン時代に、IANTD本部の近藤正義氏と出会いテクニカルダイビングを始める。現在はSDI/TDI/ERDI JAPAN代表の加藤大典氏が師匠。SDI/TDIインストラクター、IART(国際テクニカル協会)インストラクター。テクニカルダイビングの普及にも取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Send to LINE