沖縄ダイビングライセンス

 

ギンガメアジ

IMG_2976 (2)

スズキ目 アジ科

体長80センチ

名前の由来は、銀紙を貼った様な体色をしている事から名付けられている。

インド洋と太平洋の熱帯海域に生息し、日本では南日本の暖流に面した海域で確認されている。

成魚は水深200mまでの珊瑚礁や岩礁域周辺に生息している。

昼は群れでサンゴ礁周辺に留まっていることが多く、夜になると餌を探しだす。

小魚や甲殻類を好んで捕食している。

幼魚の頃には川から淡水域に入り、小型の淡水魚やエビ類を捕食している。

成長すると、海の珊瑚礁域にと帰ってくる。

 

写真素材の無料配布について
当サイトで掲載している写真は無料でご利用頂けます。ホームページやブログで利用したり、商用利用や印刷物もご利用可能です。写真をWEB上で利用する場合は「沖縄ダイビングライセンス・ワールドダイビング」へのリンクが必須になります。詳細は写真素材の無料配布についてをご覧下さい。
(Last Update:2016年7月8日)

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。沖縄でPADIインストラクターを取得。その後、サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会い、水中写真を始める。2011年に沖縄PADIダイビングスクール ワールドダイビングを設立。