沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

マダラエイ

アカエイ科 トビエイ目
体長:1.5M

マダラエイ(Taeniurops meyeni)は、アカエイ科マダラエイ属に属するエイ。金武湾のダイビングスポット「ネイチャーみらい館沖」のメインの根の周辺でよく見かける。

太平洋・インド洋の熱帯-亜熱帯域に分布する。沿岸のラグーン・河口・岩礁などの深度20-60 mに生息する。体盤は幅1.8 mに達して分厚く、背面は小さい突起で覆われる。尾は短く、幅広い臀鰭を持つ。背面には白黒の斑点があり、尾は黒い。

夜行性で、群れを作ることもある。活発な捕食者で、貝類・甲殻類・小魚を捕食する。他のアカエイ類のように無胎盤性胎生。産仔数はおよそ7。繁殖力が低く、混獲や生息地破壊の影響を受けている。

エイの仲間の中では気性が荒く、個体によってはダイバーが近づいただけで、サソリのように毒棘のついた尾を振り上げて威嚇してくることがある。攻撃態勢を取っている時には、うかつに近づかない方が良い。

ダイビングでの死亡例もある。

撮影地 沖縄本島 金武湾 ネイチャーみらい館沖

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。世界的な水中写真家達と出会い、水中撮影を始める。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。

サイパン時代に、IANTD本部の近藤正義氏と出会いテクニカルダイビングを始める。現在はSDI/TDI/ERDI JAPAN代表の加藤大典氏が師匠。SDI/TDIインストラクター、IART(国際テクニカル協会)インストラクター。テクニカルダイビングの普及にも取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Send to LINE