沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

石垣島 竹富南 ビタローの根


おすすめ度 ★★★★ エントリー方法:ボート
レベル:初級者から 水深:5M~20M 透明度:20M~30M
 
石垣島と西表島の中間、石垣島から西へ高速船で約10分程(約6km)の距離に竹富島がある。ビタローの根は竹富島の南に位置する。ビタローとは沖縄の方言で正式な和名ヨスジフエダイの事を指している。
 
なだらかな白い砂地にガーデンイールが生息する癒し系のダイビングスポット。いくつかの岩が集まり、魚の住処になっている。ハナヒゲウツボの出現率が高く、ダイバーにとても人気の高いダイビングスポット。
ハナヒゲウツボが良く出現するメインの根ではスケシテンジクダイやキンメモドキがかたまって群れるのでワイドの写真を撮りたい方にもおすすめのダイビングスポット。

メインの根にはダイビングスポットの由来でもあるヨスジフエダイ群れ、ソリハシコモンエビやアカシマシラヒゲエビにクリーニングされるユカタハタやアオノメハタ。フタスジタマガシラ、カガミチョウチョウウオ、アサドスズメダイ
などさまざまな魚が観察できる。

その他にもクマノミ保育園と呼ばれるイソギンチャクにはたくさんのクマノミが多く生息する。タカサゴ群れ、ヤセアマダイ、タテジマキンチャクダイ、ハダカハオコゼ、スザクサラサエビなども見られる。

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会う。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。テクニカルダイビングはIANTD近藤正義氏が師匠。IART(国際テクニカル協会)のインストラクターでもあり、サイドマウントの普及に取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks