沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス・Cカード取得スクール

沖縄ダイビングスクール ワールドダイビング 電話番号

ワイド撮影 水中写真で景色を上手に撮るコツ  

DSC_2971

水中写真の撮影ではダイビングでしか見れないきれいな景色を撮影するチャンスがあります。景色などのワイド写真をきれいに撮影するのにはいくつかのコツがあります。むずかしくはないので覚えておきましょう。

 

まずは、フラッシュやストロボは景色を撮影するときは発光禁止にしておきましょう。ダイビングの水中撮影では撮りたい景色とカメラの間に水が存在します。海水にはきれいに見えても小さい浮遊物やプランクトンがたくさんあります。そのままフラッシュをたくとその浮遊物やプランクトンにフラッシュが当たり写ってしまいます。デジタルカメラのプレビュー画面ではきれいに写っていてもパソコンから見たり、現像すると小さなオレンジや白い浮遊物がたくさん写ってしまいます。特に洞窟などの暗い場所ではフラッシュは必ず発光禁止で撮影しましょう。

 

又、水中で景色を撮影するときは洞窟に差し込む幻想的な景色や、トンネル、アーチなど光の少ない暗い場所も多くありますが、光の少ない場所ではコンタクトデジタルカメラはシャッタースピードが遅くなってしまいます。シャッタースピードが遅くなるとブレた写真になってしまいます。水底にしっかりと着低して身体を固定して撮影するようにしましょう。シャッターを押すときもブレないように優しく押します。このとき、デジタルカメラの設定を「スポーツモード」に設定するとシャッタースピードを早くすることが可能です。オリンパスのデジタルカメラでは「水中ワイド2」に設定すると同じくシャッタースピードが早くなります。

a7006

ダイビングの水中撮影ではデジタルカメラをハウジング(防水ケース)に入れますが、さまざまなメーカーのハウジングがあり、そのハウジングに対応したワイドレンズ(ワイドコンバーションレンズ)や魚眼レンズ(フィッシュアイ)を装着して展開することが可能です。水中用のレンズは、INON(イノン)、SEA&SEA(シーアンドシー)、OLYMPUS(オリンパス)などのメーカーで発売されているので自分の持っているハウジングに合うものを確認して購入しましょう。今までより、さらに画角を広くしてワイドな景色を撮影することが可能です。

 

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。沖縄でPADIインストラクターを取得。その後、サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会い、水中写真を始める。2011年に沖縄PADIダイビングスクール ワールドダイビングを設立。
Return Top