沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

IMG_2829

スズキ目 ニザダイ亜目 マンジュウダイ科

体長35センチ

礁斜面の底や、サンゴ礁・岩場の隙間などを好み生息するし、中層付近はあまり泳ぐ事がない。

内湾域で群れを作ることもあるが、単独でも見られる。

幼魚の時は体は黒く縁取りをしているかのように、鮮やかな朱色の縁取りがある。

毒性を持つ扁形動物のヒラムシ類や軟体動物のウミウシ類によく似たものがいて、幼魚の時には擬態化していると考えられている。

擬態化している時期は幼少期に限られる。

和名の由来も、幼魚の頃の朱色の縁取りからきている。

成魚はツバメウオとよく似ているが、ツバメウオより吻が著しく突出ているので区別が付く。

また、ツバメウオの体の形は、アルファベットの「D」に似ているが。

アカククリは「△」に近い形をしている事でも区別を付けることが出来る。

撮影地 恩納村 真栄田岬

 

 

海の写真素材の無料(フリー)提供について
当サイトに掲載している海やダイビングの写真は公式サイト、ブログも含めて全て無料(フリー)でご利用頂けます。インターネット上、TV番組、図鑑、書籍、雑誌、広告やその他の印刷物にも是非ご自由にご利用ください。

写真をインターネット上で利用する場合は「沖縄ダイビングライセンス・ワールドダイビング」へのリンクが必須になります。詳細は海の写真素材・無料(フリー)提供についてをご覧下さい。

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会う。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。テクニカルダイビングはIANTD近藤正義氏が師匠。IART(国際テクニカル協会)のインストラクターでもあり、サイドマウントの普及に取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks