沖縄ダイビングライセンス

 

ハダカハオコゼ

ハダカハオコゼ

カサゴ目 フサカサゴ科
体長 10センチ

沿岸浅所の岩礁域や珊瑚礁域に生息する。ほとんど動かなく、海綿や海藻、岩などに擬態している。
体色はさまざまで赤、黄色、白、茶色、、薄茶、黒など。

頭部は大きく、口は上向きについている。
背鰭が大きく体高は高いが、正面から見ると薄い。

各ひれも大きいが、特に背びれの基底は長く、高さも高くて、そのまま尾びれに繋がっている。
また、体には短い棘が散在し、鼻管と眼の上には一対の皮弁がある。

本種のみでハダカハオコゼ属を形成する。
又、脱皮する魚としても知られている。

撮影地 恩納村 山田ポイント

写真素材の無料配布について
当サイトで掲載している写真は無料でご利用頂けます。ホームページやブログで利用したり、商用利用や印刷物もご利用可能です。写真をWEB上で利用する場合は「沖縄ダイビングライセンス・ワールドダイビング」へのリンクが必須になります。詳細は写真素材の無料配布についてをご覧下さい。
(Last Update:2016年7月8日)

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。沖縄でPADIインストラクターを取得。その後、サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会い、水中写真を始める。2011年に沖縄PADIダイビングスクール ワールドダイビングを設立。