沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

キンメモドキ

キンメモドキ

スズキ目 ハタンポ科
体長 6センチ

 

沿岸の岩礁域やサンゴ礁域に大きな群れで生息し、時には数万の群れをつくるとも言われている。夜行性で、昼間はサンゴの隙間や岩孔、洞などに大きな群れで潜む。

 

眼は大きく、眼径は吻長よりもかなり大きい。一見するとテンジクダイの仲間のようにも見えるが、ハタンポ科に属しているものは背びれが1基なので、見分けることができる。体色は黄褐色で、体側後方は半透明で、骨格が透けて見える。各ひれも赤っぽく、尾びれ上下両葉の先は暗色をしている。

 

また、キンメモドキは発光する魚で知られていて、胸部と肛門の前方に発光腺をもっている。

 

撮影地 沖縄 水納島

 

海の写真素材の無料提供について
当サイトに掲載している海の写真は公式サイト、ブログも含めて全て無料でご利用頂けます。インターネット上、TV番組、図鑑、書籍、雑誌、広告やその他の印刷物にも是非ご自由にご利用ください。

写真をインターネット上で利用する場合は「沖縄ダイビングライセンス・ワールドダイビング」へのリンクが必須になります。詳細は海の写真素材の無料提供についてをご覧下さい。

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。沖縄でPADIインストラクターを取得。その後、サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会い、水中写真を始める。2011年に沖縄PADIダイビングスクール ワールドダイビングを設立。