沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

カノコイセエビ

カノコイセエビ

イセエビ科 イセエビ属
体長 40センチ

イセエビ(伊勢海老)は、エビ目(十脚目)イセエビ科に属するエビの1種。
広義にはイセエビ科の数種を指す。

カノコイセエビはイセエビの中でも大型で体長35センチを超える個体も珍しくない。
重さは大きなもので1kg近くになり、日本では高級食材として扱われる。

和名のカノコイセエビ(鹿子伊勢海老)の由来は腹の部分に1mmほどの白い水玉の斑点があり、鹿ノ子模様となっていることからこの名前が付いた。
体形はイセエビに似ているが体色で区別することができる。

第二触角の根もとには発音器があり、つかまれると関節をギイギイと鳴らし威嚇音を出す。

熱帯域の浅い岩礁に生息、夜行性で、昼間は岩穴に潜んでいて、夜になると獲物を求めて歩き回る。

撮影地 沖縄 恩納村 オーバーヘッドロック

海の写真素材の無料提供について
当サイトに掲載している海の写真は公式サイト、ブログも含めて全て無料でご利用頂けます。インターネット上、TV番組、図鑑、書籍、雑誌、広告やその他の印刷物にも是非ご自由にご利用ください。

写真をインターネット上で利用する場合は「沖縄ダイビングライセンス・ワールドダイビング」へのリンクが必須になります。詳細は海の写真素材の無料提供についてをご覧下さい。
(Last Update:2016年7月8日)

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。沖縄でPADIインストラクターを取得。その後、サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会い、水中写真を始める。2011年に沖縄PADIダイビングスクール ワールドダイビングを設立。