沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

白く羽のように綺麗な鰭に毒 ハナミノカサゴ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハナミノカサゴは全身の鰭をまるで白い羽のように広げて優雅に泳ぎます。ダイビング中もその姿に魅了され、写真を撮りたくなります。しかし、普段は動きが遅いのにしつこく追い回すと、急に素早くダイバーに向かって毒棘で攻撃してくることもあります。
頭部、胸鰭、背鰭に毒棘があり、毒性もとても強いので写真撮影はほどほどにしましょう。外見が似ている近似種では、ミノカサゴ、ネッタイミノカサゴ、キリンミノなどが沖縄でダイビング中に良く見かけます。

 

もし、刺されてしまった場合は患部が急激に痛み出し、膨張する。その後、全身に痛みが広がる。症状は腫れ・痛み・嘔吐・呼吸困難などを起こします。ダイビングはすぐに中止して、傷口を良く洗い、40度~50度の熱いお湯に60分~90分ほどつけます。痛みがひいても、棘が残っている可能性があるので医師の診断を受けるようにしてください。

 

海の写真素材の無料提供について
当サイトに掲載している海の写真は公式サイト、ブログも含めて全て無料でご利用頂けます。インターネット上、TV番組、図鑑、書籍、雑誌、広告やその他の印刷物にも是非ご自由にご利用ください。

写真をインターネット上で利用する場合は「沖縄ダイビングライセンス・ワールドダイビング」へのリンクが必須になります。詳細は海の写真素材の無料提供についてをご覧下さい。
(Last Update:2016年7月8日)

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。沖縄でPADIインストラクターを取得。その後、サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会い、水中写真を始める。2011年に沖縄PADIダイビングスクール ワールドダイビングを設立。