沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

宮古島 マリンレイク

宮古島 ダイビング マリンレイク

おすすめ度 ★★★★★ エントリー方法:ボート
レベル:初級から 水深:5M~15M 透明度:20M~40M

マリンレイクは宮古列島の下地島の西側に位置します。
下地島は宮古のなかでも代表的な地形的なスポットが数多くあります。
宮古の地形3大スポットと呼ばれている「通り池」「アントニオガウディ」「魔王の宮殿」は有名なダイビングスポットです。
マリンレイクは地形3大スポットに負けない宮古のダイビングスッポトです。

マリンレイクとは、海と池が繋がっている地形の事をマリンレイクと呼びます。
地形の呼び名がそのままダイビングのスポットの名前になています。

1ダイブ洞窟の中で過ごすので、水中ライトは必須となります。
洞窟内で水底の砂を巻き上げてしまうと、余計視界が悪くなるので、砂を巻き上げないダイビングスキルも必要となります。
また、洞窟内では陽の光がスポットライトやレーザービームの様に差し込む場所があり、とても神秘的な時間が過ごせます。
その神秘的な時間を巻き上げた砂で台無しにしないためにも、砂の巻き上げには注意してください。

マリンレイクの洞窟を進んで行くと、水面まで浮上出来る場所に到着します。

その水面まで浮上出来る場所が池となています。
海水と淡水の混ざった汽水となっています。

水底付近は海水なので青く見え、水面付近は少し碧に見えていきます。
海水と淡水では水温が違う為、水底から水面に浮上していく時に、水温の変化サーモクラインがはっきりと見て楽しめます。

水面まで浮上すると

岩と緑に囲まれた池に到着します。

耳抜きがスムーズに行える場合は、マリンレイクの水面まで浮上して静かな景色を楽しむ事も出来ます。

マリンレイクは時間により、光な差し込む角度が変わる為
午前中には池へとつながる所から、幻想的な光が差し込み
午後には洞窟途中の光の差し込む場所から、スッポトライトがダイバーを照らしてくれます。

マリンレイクの行きやすい時期は北風の吹く秋~春が適しています。
マリンレイクの洞窟内の水深は最大で15m程なので、洞窟探検や神秘的な風景をゆっくりと楽しむ事が出来ます。

撮影地 宮古島 マリンレイク

投稿者のプロフィール

やす
こんにちは、広島県出身のヤスです。ワールドダイビング育ちのダイバーです。沖縄の海を楽しい思い出にして頂けるよう、一緒に楽しんでダイビングをしていきましょう!!沖縄にはたくさんのダイビングポイントがあります、何回潜っても楽しいです。写真も大好きでよく撮っていますが、写真や言葉では伝えきれない海へ一緒に潜りましょう!!皆様よろしくおねがいします!!沖縄の海でお待ちしております!!