沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

コツを掴めば簡単なかっこいいバブルリングのコツ

 

コツを掴めば簡単なかっこいいバブルリングのコツバブルリングはコツを掴めば難しくはありません。練習するときには水を飲んでしまっても大丈夫なように5メートル前後の水深で練習しましょう。なるべく、うねりや流れのない穏やかな環境でやります。

そうしないとバランスが取りにくいのもありますが、せっかくできたバブルリングが崩れてしまいます。

姿勢はタンクを背中に寝転がり真上をみるようにします。近くに岩などがあるとつかまりながらできます。

レギュレーターを加えている状態でたくさん息を吸い肺の中に空気を溜めます。

そしてレギュレーターを口から外して「ポッ」と息を吐き出します。なるべく思い切り良く、勢いをつけてです。この時は人それぞれですが私は「ポッ」の口がやりやすいです。そして内側に回転をかけるために唇を素早く閉じるのがコツです。水を飲んでしまう危険性があるのでダイビングに慣れてきてからやってみましょう!!

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。世界的な水中写真家達と出会い、水中撮影を始める。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。

サイパン時代に、IANTD本部の近藤正義氏と出会いテクニカルダイビングを始める。現在はSDI/TDI/ERDI JAPAN代表の加藤大典氏が師匠。SDI/TDIインストラクター、IART(国際テクニカル協会)インストラクター。テクニカルダイビングの普及にも取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Send to LINE