沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

ボートダイビングで良く聞くボート用語集 船首と船尾

OLYMPUS DIGITAL CAMERAダイビングで良く使うボート用語を確認しましょう。まず、船に乗る前に船の前と後ろはしっかり確認しましょう。エントリーした後の集合場所の確認にもなります。

船は前方を船首(フォワード)と呼び、後ろの側を船尾(スターン)と呼びます。そして船首側から左側を左舷(ポートサイド)、右側を右舷(スターボートサイド)と呼びます。又、風が吹いている方向が風上(ウィンドワード)になり、反対側が風下(リーワード)になります。

あとはダイビングの時に良く使うの用語がエキジットのときにつかまる梯子(ラダー)になります。写真のボートのラダーは使わないときは横に置き、エキジット前にボートのへりからダイバーがつかまりやすいように降ろして利用します。

船によってトイレの使い方は異なるので事前にインストラクターに確認するようにしましょう。ボート用語はPADIアドバンスウォーターコースのボートダイビングでも勉強することが出来ます。

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。世界的な水中写真家達と出会い、水中撮影を始める。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。

サイパン時代に、IANTD本部の近藤正義氏と出会いテクニカルダイビングを始める。現在はSDI/TDI/ERDI JAPAN代表の加藤大典氏が師匠。SDI/TDIインストラクター、IART(国際テクニカル協会)インストラクター。テクニカルダイビングの普及にも取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks