沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス・Cカード取得スクール

沖縄ダイビングスクール ワールドダイビング 電話番号

インストラクターが教えるダイビング上達のコツ

現役のPADIダイビングインストラクター 空良太郎が教えるダイビング上達のコツ!!

女性でも軽い水中スクーター SEADOO SEASCOOTER

女性でも軽い水中スクーター SEADOO SEASCOOTER

従来の水中スクーターは大きく、重量が重く、操作やメンテナンスも複雑なものが多いです。SEA-DOOのSEASCOOTERは、世界で最も軽い画期的な水中スクーターです。コンパクトな設計はシュノーケルはもちろん、本格的なダイビング、女性ダイバーにも快適に利用できるように開発されています。ダイビング時のエントリー、エキジット...
RGBlue(アールジーブルー)ダイビング・水中ライト

RGBlue(アールジーブルー)ダイビング・水中ライト

最近、ダイバーの中で注目の水中ライトでRGBlue(アールジーブルー)という商品があります。近年のライトは光の強さ、ルーメン数による競争が強くなってきています。必要以上の明るさでバッテリーの消耗が激しく、充電にも時間がかかるような商品が多くなっています。   そのなかでRGBlue(アールジーブルー)は光のク...
バディブリージング・器材交換 ダイブマスター

バディブリージング・器材交換 ダイブマスター

  PADIのプロレベルのダイブマスターコースではトレーニングでバディブリージングをしながらお互いのダイビング器材を交換するスキルがあります。   バディブリージングは1つの呼吸器(レギュレーター)でお互いが呼吸するエア切れの対処法です。詳細はバディー・ブリージングの正しい方法もご覧ください。 &n...
NIKON COOLPIX AW130の水中撮影

NIKON COOLPIX AW130の水中撮影

NIKON(ニコン)のハウジングを利用しないでデジタルカメラのみで水深30Mまで対応の「COOLPIX AW130」がダイバーから人気を集めています。ダイビングでは通常、デジタルカメラのほかにハウジングと呼ばれる防水ケースを購入して利用します。ハウジングは安価なものでも数万円以上します。「NIKON COOLPIX A...
魚類史上・最強の猛毒 オニダルマオコゼ

魚類史上・最強の猛毒 オニダルマオコゼ

ダイビングでは砂地や岩場に擬態しているオコゼやカサゴの仲間には注意が必要です。そのなかでも魚類史上、最強の猛毒を持つオニダルマオコゼには特に気をつけるようにして下さい。オニダルマオコゼは体長40センチを超えるオコゼの王様です。全体的に丸く、口と目は上を向いています。背鰭に袋状の皮膚をかぶった棘があり、強力な神経毒を分泌...
オリンパス TG4 タフの水中撮影

オリンパス TG4 タフの水中撮影

ダイバーに人気の高いオリンパスのデジタルカメラで、いま最も注目されているのは「STYLUS TG4 Tough」です。TG4タフは防水、防塵、耐衝撃、耐荷重、耐低温でダイビングにとても適しています。カメラ自体の防水機能は15Mあり、オリンパスから発売されている純正の水中ハウジングにセットすることにより45Mまで使用可能...
足つり直し・足がつった時の対処法

足つり直し・足がつった時の対処法

ダイビングはフィンを履いてキックをするので慣れるまでの間は通常より足に負担をかけてしまいます。ダイバーのなかにはダイビング中に足がつってしまったことがある方も多いと思います。ダイビングはフィンを履いているだけではなく、水中に入ることにより足が冷えて、さらにつりやすい環境になってしまいます。   足がつった時の...
フィンキックのコツ・正しい泳ぎ方

フィンキックのコツ・正しい泳ぎ方

正しいフィンキックで泳ぐためには、まず中性浮力が大事です。中性浮力が上手くとれていないと深度を維持するためにフィンキックを利用するようになってしまい、エアの無駄な消費につながります。さらに身体が斜めの姿勢になり、水の抵抗が増えてしまいます。中性浮力が上手くとれていれば身体の姿勢が流線形になり、水の抵抗を減らし身体を進め...
エンリッチドエア・ナイトロックスの正しい知識

エンリッチドエア・ナイトロックスの正しい知識

エンリッチドエアは海外を中心に普及がはじまり、日本国内でも広がり始めている最新の技術です。通常の空気の成分は79パーセントが窒素、21パーセントが酸素で構成されていますが、エンリッチド・エアは酸素を加えて21パーセントより多い、窒素・酸素の混合ガスのことを指します。   ダイビングの世界では、エンリッチド・エ...
ドライスーツとウェットスーツの違い

ドライスーツとウェットスーツの違い

ドライスーツとウェットスーツの違いについて、まずウェットスーツは最も一般的な保護スーツです。沖縄も暖かいのでウェットスーツが主流になります。スーツの素材はネオプレン、スキン、ジャージ、裏起毛タイプなどさまざまで厚さも3ミリ、5ミリ、6ミリなどがあります。形もさまざまで長袖で長ズボンのワンピース、半袖で長ズボンのシーガル...
Return Top