沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス・Cカード取得スクール

沖縄ダイビングスクール ワールドダイビング 電話番号

ハウジングのまま写真をシェア FlashAir(フラッシュエアー)

img_2

水中撮影ではデジタルカメラをハウジング(防水ケース)に入れて撮影します。ダイビング後、真水ですすぎ、乾燥させて、ハウジングを開けてデータを取り出すという手間があります。その際に便利なのがTOSHIBAから発売された、無線LAN機能搭載のSDメモリカード「FlashAir」フラッシュエアーです。

 

「FlashAir」はケーブルでつながなくても、撮ったその場で写真をスマートフォンやタブレットに手軽に転送することができるのでもっとリアルタイムに水中写真を楽しむことができます。ダイビングの休憩時間中の船や港でハウジングにデジタルカメラを入れたままの状態で写真を転送してチェックしたり、ダイビング後のログ付け時にダイビング仲間を気軽に撮った写真をシェアできるようになります。

 

無線LAN機能がSDカードに搭載されているのでネット環境も必要なく、最大で7人同時に手軽に写真をシェアすることが可能です。

 

使い方もシンプルで通常のSDカードと同じようにデジタルカメラへSDカードをセットします。写真の撮影後にスマートフォンやタブレッドなどのWi-Fi機能をONにして、「FlashAir」に搭載されている無線LANにログインして表示された画像一覧から選んで取り込むだけです。

 

ハウジングに入れたままでも転送できるので、ダイビングの休憩中も転送可能なうえ、ハウジングの開閉作業も不要なので水没のリスクもなくなります。ダイバーにはとてもうれしい商品です。

 

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。沖縄でPADIインストラクターを取得。その後、サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会い、水中写真を始める。2011年に沖縄PADIダイビングスクール ワールドダイビングを設立。
Return Top