沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

アオイの南部ダイバーとヘルメット潜水


こんにちは、毎回純沖縄県民に思われるアオイです!
普通に宮城県出身なんですけどね…
(左にいるのは父親です)

そんな私、宮城県出身のアオイの高校時代は、
地元を離れ岩手県のとある高校で潜水を学んでいました。

その高校の名前は岩手県立種市高等学校!!
http://www2.iwate-ed.jp/tan-h/  ←種市高校HPはこちらから

あの朝ドラ、あまちゃんで潜水土木科がある高校のモデル校になった学校です。
私自身、種市高校の海洋開発科に在籍しておりスクーバを始め、ヘルメット、全面マスク式等の潜水器を使い実習をしていました。
潜水以外にも土木、測量、溶接等の実習もでき、あまたの資格を取得できる高校です。

そこで3年間潜水を学び、水中での技術も磨いてきました。
非常に良い環境で潜水を学べる所なのです。
当スクールでも非日常的な体験ができますが、種市高校では更にマニアックな体験も出来ます。

その名もヘルメット潜水です!

この宇宙服みたいなのがヘルメット潜水で使用する装備です。
総重量はなんと70kg以上!!!
詳細
・ヘルメット周辺で約25kg
・前鉛、後鉛(ヘルメットが浮かないようにする為の錘)各約10~15kg
・潜水靴、各約7.5~10kg
・潜水服、約7kg
・その他

がたいの良い男性1人と同じくらいの重さを身に付けて潜ると考えてもらえば分かりやすいかと。
この重い機材を1~2の陸上作業員が着せていきます。(体験した方の中には足が上がらず歩けない人も…)

しかし、水中に入ると潜水服とヘルメット内に空気が絶えず入ってくるので重さは感じなくなるのです。
慣れないと水中で動くのはとてもじゃないですが難しいですが…
この潜水機材を使って海洋開発科の学生は潜水の基礎、仕事を学んでいます。


このヘルメット潜水は10月にある種高祭(文化祭)に行けば体験できます。
興味がある方は是非行って体験してみてはいかがでしょうか。
(実習プールには窓が付いていて外からダイバーを見る事が可能!)

他にもスクーバ体験も行っています。思い出、自慢話にいかがでしょうか(笑)

投稿者のプロフィール

あおい
はじめまして! 宮城県出身のアオイです。宜しくお願いします!高校時代は岩手県で潜水の事を学んでいました。なのでヘルメット潜水の事なら任せてください。(笑)

潜水を学んでいたとしてもこの業界で新たに学ぶ事はまだまだたくさんあります。初めての事が多いので一つでも多くの事を学んでいきたいと思っています。

今後、やりたい事は太平洋戦争で沈んだ船を捜索する事なので、新しい事にも積極的に取り組んでいけたらと考えてます。(テックダイビングに興味あり!)

海外の新しいダイビング技術を習得できるように頑張っていこうと思います。どうぞ宜しくお願いします!
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Send to LINE